このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

東芝、HDD&DVDビデオレコーダーの新製品『RD-X3』を2003年1月下旬に発売

2002年12月05日 10時10分更新

文● 編集部 佐久間康仁

(株)東芝は4日、HDD&DVD-RAM/Rドライブ内蔵のビデオレコーダー“RD-Styleシリーズ”の最上位モデルとして、『RD-X3』を2003年1月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は20万円前後。

『RD-X3』
『RD-X3』

RD-Styleは、録画した映像を本体のみでカット編集し、結果をDVD-RAMに保存できるのが特徴。10月22日に発表、12月中旬発売予定の『RD-X40』では新たにEthernet端子を標準装備し、パソコンや携帯電話からの録画予約、番組情報の入力/管理が可能になった(RD-X3でも同機能が利用可能)。

背面
RD-X3の背面

RD-X3では、

  • 内蔵HDDを160GBに増加(従来のRD-XS40は120GB)
  • プログレッシブ再生に対応し、D2出力端子を装備(従来はD1端子)
  • 映像DAC(D/Aコンバーター)を12bit/108MHzに強化(従来は10bit/27MHz)
  • DNR(デジタル・ノイズ・リダクション)を録画時だけでなく、再生時にも利用可能
  • 音声多重放送に対応し、地上波(VHF/UHF)のほかCATVと衛星放送(アナログBS)に対応したGRT(ゴースト・リダクション・チューナー)を搭載、TV信号の輻射などが起こる地域での画質を改善
  • 音声デジタル出力端子に光端子に加えて同軸端子を装備

などが主な機能強化点。HDDが160GBに増加したことで、最大208時間の録画が可能(ビットレート1.4Mbps時)。映像入力端子は、D1×1、S-Video×3、コンポジット×3を備える。

本体サイズは幅430×奥行き350×高さ78mm、重さは6.3kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART