このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

米クレイ、スーパーコンピューター『Cray X1システム』を発表

2002年11月15日 16時53分更新

文● 編集部 高橋洋子

米クレイ社は14日、世界最強というスーパーコンピューター『Cray X1システム』を発表した。価格は250万ドル(約3億円)前後になる予定。

Cray X1
『Cray X1システム』

同製品は、12.8GFLOPS(ギガフロップス)の独立型プロセッサーと、最大で819GFLOPSの演算能力をシングルシャーシに搭載。2ノードから1024ノードのプロセッサー、32GBから65.5TBのメモリーに対応する。同社のベクトルおよびMPPシステムの後継製品となり、米ADIC社のSANファイルシステム『StorNext』と、米Samsung Semiconductor社のRDRAMを採用している。

同社では、2010年までに、1秒あたり1000兆回のPFLOPS処理を可能にするスーバーコンピュータを出荷する予定で、今後はこれを見据えた製品投入を行なうとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン