このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

シャープ、“ザウルスシリーズ”の新モデルを発表──「それでもノートパソコンを持ち歩きますか?」

2002年11月12日 20時20分更新

文● 編集部 阿蘇直樹

シャープ(株)は12日、同社のPDA“ザウルスシリーズ”の新製品2モデルを発表し、同社の東京市ヶ谷ビルで記者発表会を行なった。

発表したのは、640×480ドット(VGA)で6万5536色表示が可能な、3.7インチ透過型“CGシリコンシステム液晶”パネル(※1)とキーピッチ10.75mmのキーボードを搭載した『SL-C700』と、240×320ドット(QVGA)表示の反射型(フロントライト付き)TFT液晶パネルとスライドキーボードを搭載し、1700mAhの大容量バッテリーで最大約18時間の表示が可能な『SL-B500』。『SL-C700』は、ディスプレー部分を180度回転させて裏返すことが可能で、キーボードを利用した文字入力のための“インプットスタイル”と、ビューワーとして縦長の画面で利用する“ビュースタイル”を切り替えることができる。

※1 単結晶シリコンに近い性質を持つ連続粒界結晶シリコン(CGシリコン)をベースにした液晶ディスプレーパネル。連続粒界結晶シリコンは電子移動特性が高く、液晶パネルと同じガラス基板上に、液晶ドライバーICの周辺駆動回路などを形成することができ、部品点数の削減や消費電力の低減が可能になるという。

また、無線LANカードやCFカード型PHSなどの通信カードを装着し接続操作を行なうと、自動的に接続先を選択して通信を開始する“スマート接続”機能が新たに追加された。

『SL-C700』インプットスタイル3.7インチVGAディスプレーと、キーピッチ10.75mmのキーボードを搭載した『SL-C700』。写真は両手で挟んだり机に置いてキーボードから文字入力することを想定した“インプットスタイル”だ
『SL-C700』ビュースタイルディスプレーを回転させて裏返すと、片手で持っての操作や、ファイルのブラウズを想定した“ビュースタイル”に切り替えられる
『SL-B500』スライドキーボードと18時間動作が可能な大容量バッテリーを搭載した『SL-B500』

液晶や外観以外のハードウェアやソフトウェアの基本構成は両機種とも同じで、CPUは米インテル社のXscale PXA250-400MHz、64MBのフラッシュメモリーと32MBのSDRAM(ワークエリア)を搭載する。OSは、(株)リネオが提供している組み込みLinuxディストリビューション『Embedix』で、Linuxカーネル 2.4.18を採用している。

搭載されるアプリケーションは、『SL-A300』同様の“カレンダー”“アドレス帳”“ToDo”といった機能を持つPIMツールや、“メモ帳”“イメージノート”“メール”の機能のほか、Microsoft Wordのファイルの編集に対応した日本語ワープロソフト『HancomMobileWord』、Microsoft Excelのファイルの編集に対応した表計算ソフト『HancomMobileSheet』、Java実行環境『Jeode』のほかに、新たにウェブブラウザー『NetFront 3.0』や、MP3やMPEG-1/-2に対応した『メディアプレーヤー』、『ボイスレコーダー』などが追加された。また、パソコンで表示中の画面を付属のUSBケーブルで接続したザウルスにそのまま取り込める“ザウルスショット”機能が強化され、画像を印刷イメージとして取り込むことにより、ディスプレーに表示されていない部分の取り込みにも対応した。なお、これらの新機能を『SL-A300』でも利用できるように、ソフトウェアの有償アップデートサービスが提供される予定だ。

『SL-B500』の本体サイズは、幅74×奥行き138×高さ25.3mm(液晶保護カバー取り付け時)、重さは223g(液晶保護カバー取り付け時)。バッテリーは3.7V、1700mAhのリチウムイオン充電池で、約18時間の連続表示が可能(フロントライト消灯時)。インターフェースはコンパクトフラッシュカードスロット(Type II)、SDカードスロット(SD/IO非準拠)、パソコン接続用USBケーブルを接続するI/Oポート、赤外線通信ポート、ACアダプター端子が用意される。『SL-C700』の本体サイズは、幅120×奥行き83×高さ18.6mm(突起部除く)、重さは225g(タッチペン、充電池、保護カード含む)。バッテリーは3.7V、1000mAhのリチウムイオン充電池で、約4時間50分の連続表示が可能(バックライト輝度最小時)。インターフェースはコンパクトフラッシュカードスロット(Type II)、SDカードスロット(SD/IO非準拠)、パソコン接続用USBケーブルを接続するI/Oポート、赤外線通信ポート、ステレオイヤフォンマイクジャック、ACアダプター端子が用意される。対応するパソコンのOSは、両製品ともWindows 98/98 SE/2000 Professional/Me/XP。なお、Windows 95からアップグレードした環境には対応していない。

製品の位置づけとしては、『SL-B500』はビジネスに対応したベーシックモデル、『SL-C700』はキーボード入力の利用が多いユーザー向けの製品となる。

『SL-B500』と『SL-C700』はいずれも12月14日に発売される。価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は『SL-C700』が5万円台後半、『SL-B500』は4万円台後半になる見通し。同時に『SL-B500』用クレードル『CE-ST9』も発売される。『CE-ST9』の希望小売価格は5000円。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン