このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

富士フイルム、小型軽量の200万画素デジタルカメラ『FinePix F402』を発表

2002年09月19日 17時21分更新

文● 編集部 佐久間康仁

富士写真フイルム(株)は19日、幅77×奥行き22×高さ69mmで重さ約145g(装備重量)と小型軽量化を図った本体に、1/2.7インチ有効210万画素の“スーパーCCDハニカムIII”を搭載し、最大2304×1728ドット(400万画素相当)での静止画記録が可能なコンパクトデジタルカメラ『FinePix F402』を10月13日に発売すると発表した。価格は5万円。

『FinePix F402』
『FinePix F402』

FinePix F402は、記録媒体に切手サイズの小型メモリーカード“xD-Picture Card”を採用(16MBメディアを同梱)し、単焦点オートフォーカスのスーパーEBCフジノンレンズ(35mmフィルムカメラ換算時39mm相当)を搭載するコンパクトデジタルカメラ。

主な特徴は、

  • 最短6cmまで寄れるマクロ撮影機能を搭載
  • ISO800/1600相当の高感度撮影(※1)が可能
  • 最高3.6倍のデジタルズーム機能(※2)を搭載
  • 夜景と手前の人物の双方を適正な露出で撮影できる“スローシンクロ撮影機能”を搭載
  • 約0.5秒間隔で2コマまでの連写が可能
  • 320×240ドットで最長60秒、160×120ドットで240秒の動画撮影(※3)が可能
  • 付属バッテリー(専用リチウムイオン充電池『NP-40』)で、約4000枚(連続155分)の撮影が可能(同社調べ)
  • 電源投入時に前面のLEDが青く点灯

――など。

※1 高感度撮影 高感度撮影時は解像度が最大1280×960ドットとなる

※2 デジタルズーム機能 デジタルズームは記録解像度によって最高倍率が異なり、1600×1200ドット時に1.44倍、1280×960ドット時に1.8倍、640×480ドット時には3.6倍となる

※3 動画撮影 本体にヘッドフォン端子などを持たないため、音声再生は不可。音声付きで再生するためにはパソコンなどで再生する必要がある

クレードル
写真のクレードル『CP-FX402』は別売(5000円)

同社では発売記念キャンペーンとして、FinePix F402購入者先着3万名にxD-Picture Cardが2枚収納でき、カバーの内側が鏡になった『FinePix F402 xD スタイリッシュアルミケース』を店頭でプレゼントする。ケースのサイズは幅58×奥行き62×高さ6.3mm。プレゼントがなくなり次第、キャンペーンは終了する。

xD-Picture Card
先着3万名に写真のアルミケース(xD-Picture Cardは付属せず)がプレゼントされるキャンペーンを実施する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン