このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【MACWORLD/NY 2002 Vol.2】基調講演速報──マイクロソフトとの対決姿勢強めるアップル

2002年07月18日 05時18分更新

文● 林 信行

スティーブ・ジョブズCEOによる基調講演が行なわれた。話題の中心は『Mac OS X 10.2』(コード名:Jaguar)で知られていたMac OS Xの次期メジャーアップデートだったが、発売は8月24日で即日発売にはならなかった。

ジョブズ
通常、アップルはコード名をあまり表に出さないが、Mac OS X 10.2ではコード名にならってジャガー柄のパッケージになるようだ。価格は129ドル(約1万4800円)。「150以上の新機能があるので1機能あたり1ドル以下とお買い得」とジョブズ

既に提供が始まっている『iTunes 3』に加え、スケジュール管理ソフトの『iCal』、MacをPDAや携帯電話と同期させる『iSync』など多数の新製品が発表されたが、いずれもJaguarを前提としたソフトで配布はまだ先になる。

iTunes 3
曲を聞く頻度やランキングなどを元にスマートプレイリストが作成できるiTunes 3は既に無償提供が始まっている
『iCal』
スケジュールのウェブ公開や共有も可能な『iCal』。『iPod』にデーターをダウンロードして見ることもできる。Jaguarの利用が前提で9月から無償で提供開始
『iSync』
携帯電話、PDA、iDiskなどと連携が可能なデータ同期ソフト、『iSync』も新たに発表された。こちらもJaguarでの利用が前提で9月に提供開始

アップルの人気サービス、iToolsは9月30日をもって大幅に機能強化された有料サービス“.mac”に生まれ変わることが発表された(年間99ドル(約1万1400円)だが、既にiToolsを利用している人は49ドル(約5700円)で利用できる。

“.mac”
9月30日に開始するアップルの新しいインターネットサービス“.mac”。メール、iDisk、ホームページ、バックアップ、ウイルスチェックなどの機能が提供される。年会費99ドルだが、既にiToolsのメンバーなら初年度会費は49ドルになる

Mac本体を含むハードウェアの新発表も行なわれた。基調講演のとりとして登場したのは1460×900ドットの17インチ液晶ディスプレーを搭載したiMacだった。

17インチ液晶ディスプレーを搭載したiMac
17インチ液晶ディスプレーを搭載したiMacも登場。ビデオカードもGeForce4 MXに強化されている。なお、15インチ液晶ディスプレーモデルも3月に値上がりした100ドル(約1万1500円)分が値下げされた。発売は2週間後から

その他、iPodシリーズにも20GBモデルが加わり、10GBモデルは10%薄くなった。またiPod用のリモコンやケースも発表された。しかし、なんといっても驚かされたのは市場の要望に応えてWindows用のiPodも発表されたことだ。Windows版iPodにはMP3プレーヤーソフト『musicbox』が付属し9月に発売される。

10GBモデル
iPodには新たに10%薄くなった10GBモデル、厚みと共に容量が増した20GBモデルが加わり3モデルに。ソフト面も大幅に強化され、iCalと連携可能なカレンダー機能などがついた
iPod用のリモコンやケース
iPod用のリモコンやケースも発表された。これらのアクセサリーは従来のiPodでも利用可能だ

今回の基調講演の特徴として米マイクロソフト社との対決姿勢を感じられる場面がいくつかあった。まず講演の冒頭ではWindowsからMacに乗り換えたユーザーを紹介するアップルのReal Peopleキャンペーンの広告が紹介された。

Real Peopleキャンペーン
講演はWindowsからMacに乗り換えた人を紹介するReal Peopleキャンペーンでスタート

またWindowsからMacに乗り換えているユーザーがたくさんいるとして、WindowsからMacへの乗り換えを支援するサードパーティー製ソフト『Move Win 2 Mac』も紹介された。

サードパーティー製ソフト
WindowsからMacへの以降を手助けするサードパーティー製ソフトも登場

iToolsを発展させた“.mac”の名前に関しては、マイクロソフトの“Microsoft.NET”を意識した命名であることを認め、その上でこれからはやるであろう「インターネットサービス(Webサービスのこと)を我々の方がうまく提供できる」と思ってこの名前にしたことを認めた。

講演の詳しい内容については日本時間の18日夜までに執筆/掲載予定だ。

基調講演で紹介されたExpo注目製品

  1. Maya 4.5、エイリアス・ウェーブフロント社のビジネスのうち、Mac関連のビジネスは全体の20%。これに気をよくして同社は最新版の4.5をまずはMac用に発表した
  2. 『Maya 4.5』
    『Maya 4.5』
  3. 米Blizzard Entertainment社の人気ゲーム、“Warcraft”はMac用とWindows用が同時発売になった
  4. “Warcraft”
    “Warcraft”
  5. Photoshop ElementsもついにMac OS Xに対応した
  6. 『Adobe Photoshop Elements』
    『Adobe Photoshop Elements』
  7. そして待望のRealOne PlayerもMac OS Xに対応した
  8. 『RealOne  Player』
    『RealOne Player』

筆者の情報筋が伝えていたフレームいっぱいまで液晶パネルが広がった製品はついに発表されなかったが、講演中、Inkwell機能のアイコンに描かれているタブレットが、情報筋の伝える描写に酷似していることに気が付いた。やはりJaguar待ちか?

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART