このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

サン電子、ブロードバンドラジオ“BiBio”を発売

2002年07月16日 18時24分更新

文● 編集部

サン電子(株)は16日、インターネットに接続してニュースや音楽などのインターネットラジオ放送を聞くことができるブロードバンド専用ラジオ“BiBio(ビビオ)”として『INR1000』を9月10日に発売すると発表した。同製品は“SUNTAC BB(サンタック ビービー)”のブランドで販売され、同社では今後、快適なブロードバンド生活を応援する製品の新ブランドとして使用するという。『INR1000』の価格はオープン。編集部による予想販売価格は3万5000円前後。

『INR1000』
『INR1000』

『INR1000』は、xDSLやCATV、FTTHなどのブロードバンド回線に接続し、世界60ヵ国以上の4万局を超えると言われるインターネットラジオ局の放送を聞くことができるラジオ受信機。同社は米国のインターネットラジオポータルサイト“LIVE365.COM”と提携し、BiBio専用のインデックスサーバー経由で約500局から選曲できるようにしたという。気に入った放送局をセットできる5つのプリセットキーを装備するほか、メモリースティックスロットを装備しており、メモリースティックに記録されている音楽ファイル(MP3、Windows Media Audio)を再生することができる。インターネットメールの未読メール数を確認する機能やファームウェアのアップデート機能も搭載する。

MP3の再生は、周波数帯域が20~20kHz、SN/比が80dB、サンプリングレートは44.1kHz、ビットレートは8k~320kbpsに対応。WMAではビットレートが48k~192kbpsとなる。本体には、背面にRJ45端子(IEEE802.3)、USBポート、ヘッドホンジャック、メモリースティックスロット、電源端子を装備し、全面には、バックライト付きの液晶ディスプレー(240×64ドット)、2Wのステレオスピーカーを搭載する。電源はAC100VでACアダプターを利用する。本体サイズは幅305×奥行き170×高さ180mm、重量は約1.4kg。製品にはLANケーブル(5m)とACアダプターが付属する。

同社では、発売前にブロードバンドユーザーを対象にモニターを募集するとしている。また、BiBioが個別認証機能を持つことから、BiBio専用の有料コンテンツ配信などにも対応できることから新たなビジネスにも対応できるとみている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART