このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニースタイルのショールームがお台場に登場

2002年07月01日 21時59分更新

文● 編集部 桑本美鈴/伊藤咲子

ソニーマーケティング(株)は6日、東京・お台場のエンタテインメント施設“メディアージュ(Mediage)”4Fに、ECウェブサイト“ソニースタイル”で販売する製品のショールーム“sony style”をオープンする。“ソニースタイル”が運営する実店舗は、これが初めて。ASCII24では1日、正式オープンに先駆けて“sony style”を取材した。

ショールーム入口
メディアージュの4Fにオープンするソニースタイルのショールーム“sony style”
ショールーム1 ショールーム2
展示する製品は眺めるだけでなく、椅子に腰掛けながら触れることが可能“ソニースタイル”が運営する実店舗は、これが初めて
3Fイベントスペース
3Fには“sony style”のイベントスペースを設置、3Dシアターなどを開催する。3Fのスペースと4Fのショールームは専用階段でつながっており、自由に行き来可能

ソファにもたれながらソニー製品にタッチ

このショールームでは、“ライフスタイル提案スペース”をコンセプトに、(株)インターオフィスのインテリアショップ“hhstyle.com”の協力で、個性豊かな椅子やソファにもたれながら、最新のソニー製品に触れることが可能となっている。

ショールーム体験
こんなにくつろいだ感じでソニーの最新機種を体験できちゃうのはここ“sony style”だけ! おしゃれな家具も一緒に見て回れるのがうれしい。ちなみに腰掛けているのは伊藤&桑本大絶賛の低反発クッション『Lunella(ルネラ)』(1万3000円)。ウレタンフォーム素材で弾力があり、座り心地バツグン

フロアは、ホワイト、レッド、グリーンといったカラーごとにソニー製品と家具をまとめ、バイオやクリエから、ホームシアターシステムまで、“ソニースタイル”で販売されているほとんどの製品が並ぶ。7月下旬以降は、事前にウェブで申し込めば、常設していない製品も取り寄せるサービスを実施する予定という。展示されている製品は、店頭カウンターにあるパソコンを使って“ソニースタイル”ウェブサイトにアクセスし、インターネット経由で購入できる。量販店のように“お持ち帰り”できないのが残念だ。

ショールームホワイト
ホワイトカラーでまとめられたソニー製品と家具。ホワイトつながりでAIBOもお手伝い

中央のカウンタースペース“Bar Style(バースタイル)”には、ソニースタイルの運営スタッフが常駐しており、製品や販売に関する質問を受け付ける。またここでは、サイバーショットなど一部ソニー製品を対象にした充電サービスも行なうという。

ショールームカウンター
カウンタースペース“Bar Style”。スタッフが製品について説明してくれる。製品を購入したい場合は、スタッフの指示にしたがって手前のノートパソコンでソニースタイルウェブサイトにアクセスし、購入手続きを行なう
ショールームカウンター2
カウンターでは充電サービスも実施。ソニー製品をカウンターに持ち込むと充電してくれる。オープン当初はデジタルカメラやデジタルビデオカメラなどが対象だが、バイオやクリエの充電サービスも検討しているという。
ショールーム2
正統派パソコンラックに置かれた“バイオLX”ビデオカメラと一体型のノートパソコン“バイオGT”。横にあるカラフルな球体は、低反発クッションの『tatino(タティーノ)』。ちなみに『tatino』は1つ3万5000円
ショールーム展示
バイオノートSRのブラックモデルなど、今では手に入れるのも難しい限定モデルも展示されている。新製品なども店頭よりひと足早く展示したいという

オープニングスタッフの1人であるソニーマーケティングの小山博司氏は、オープニングを前に「製品を買う前だけでなく、買った後にもお越しいただけるような空間にしたい。“ソニースタイル”のスタッフと、お客様とのリアルな接点の場でありたい」と語った。今後は、ウェブとショールームを連動させた企画なども予定しているという。

カラフルなソファにもたれながら“bitplay”を鑑賞。近日中に、ショールームのフロア内にカフェがオープンする予定。ステキな家具に囲まれ、コーヒー片手に、憧れのソニー製品をいじる……ある種“夢”のような空間か“hhstyle.com”は、東京の原宿・神宮前にもコンセプトショップを出している。オシャレな雰囲気のショップは敷居が高いという方も、お台場の“sony style”なら入りやすい

なお、ショールームには“hhstyle.com”のスタッフも常時待機しており、展示している家具の販売も行なう。インターオフィスの阿部洋デザインディレクターは、「量販家電の中ではなく、こうしたエッジの効いた家具に置いてはじめて、ソニー製品の訴求力は増すと思う」という。デザイン家具にスマートにパソコンを設置するためのケーブルのあしらい方など、スタッフにどんどん質問してほしいと語った。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART