このページの本文へ

ソーテック、PC STATION EシリーズのBTOにPentium 4-2.40GHzを追加

2002年04月03日 11時32分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ソーテックは3日、本日付けでインテル(株)が発表したPentium 4-2.40GHzを、オンライン販売しているミドルタワー型デスクトップ『PC STATION Eシリーズ』のBTOメニューに追加したと発表した。

『PC STATION Eシリーズ』
『PC STATION Eシリーズ』

PC STATION Eシリーズは、拡張性を重視したミドルタワー型の筐体を採用した、同社のデスクトップラインアップのハイエンドシリーズ。DVD+RWドライブ、グラフィックスカード『NVIDIA GeForce3 Ti 200』、TVチューナーなどを搭載した『PC STATION E4200AVR』、同モデルのグラフィックスカードを『NVIDIA GeForce3』にしてTVチューナーを外した『PC STATION E4200xp』、さらに、グラフィックスカードを『NVIDIA GeForce2 MX 400』に変更した『PC STATION E4180DR』の3モデルがある。各モデルではCPUとHDDを選択でき、今回従来選択可能な最高速CPUだったPentium 4-2.0AGHzに、Pentium 4-2.40GHzが加わった。

PC STATION E4200AVRをベースとしてPentium 4-2.40GHzを搭載したモデル(256MBメモリー、100GB HDD、100BASE-TX LAN、Windows XP Professional)で、価格は29万7800円、なお同じ構成でPentium 4-2.0AGHzを選択した場合は26万9800円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン