このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アドビ、コンシューマー向けデジタルビデオ編集ツール『Adobe Premiere LE』を発売

2002年02月04日 13時25分更新

文● 編集部 桑本美鈴

アドビシステムズ(株)は4日、コンシューマー向けデジタルビデオ編集ツール『Adobe Premiere LE 日本語版』を3月1日に発売すると発表した。アドビストア価格は9800円。

PremiereLEパッケージ
『Adobe Premiere LE 日本語版』のパッケージ

同製品は、既存製品のプロフェッショナル向けデジタルビデオ編集ツール『Adobe Premiere 6.0』の簡易版と言えるコンシューマー向けソフト。日本のユーザーから「低価格なビデオ編集ツールを出してほしい」という要望が強いこと、日本国内でDVカメラが一般に普及していることなどから、今回パッケージ化したもので、日本のみでの発売となる。対応OSはWindows Me/2000/XP。

Adobe Premiere 6.0と同じエンジン/ユーザーインターフェースを採用しており、Premiere 6.0と同様のDVデバイスコントロールにより、パソコンのIEEE 1394端子とDV機器のDV端子を接続するだけでDVキャプチャーが可能。絵コンテの感覚で全体のラフカットをドラッグ&ドロップで組み立てられる“ストーリーボードウィンドウ”も搭載する。“ワークスペース”(作業スクリーン上のウインドーやパレットの配置)もカスタマイズ可能。

PremiereLE画面
『Adobe Premiere LE 日本語版』の画面、ワークスペースはカスタマイズ可能

Premiere LEは、Premiere 6.0の基本機能をほぼ搭載しているが、フィルター効果やトランジション効果はほとんど外されている。Premiere 6.0に収録されているトランジション効果の数が75であるのに対し、Premiere LEでは15となっている。また、ビデオフィルター効果は備えていない。

入力フォーマットは、GIF、BMP、AIF、WAV、AVI、QuickTime、EPS、PCX、PSD。出力フォーマットはAVI、QuickTime、BMPで、CD-ROMやDVテープ、VHSテープへの出力が可能。

また、デジタルビデオ編集ツールの入門版という位置付けから、ユーザーガイドのほかに、ステップごとに操作手順を解説するCD-ROM付きハンドブックが付属する。CD-ROMには、ハンドブックの内容に添ったプロジェクトファイルやサンプル素材ファイルが収録されている。

なお、Premiere LEからPremiere 6.0へのアップグレード価格は5万円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART