このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

IPA/ISEC、11月のウイルス届け出状況を発表――『W32/Aliz』に注意!

2001年12月07日 22時25分更新

文● 編集部

経済産業省の特別認可法人である情報処理振興事業協会(IPA)は6日、セキュリティセンター(ISEC)による2001年11月のウイルス届け出状況を発表した。

それによると、届け出件数は2766件で、過去最高だった8月の2809件に迫る勢いになった。『W32/Nimda』ウイルスの登場以降、セキュリティホールを攻撃するウイルスが続出し、10月に比べ届け出件数が急増したという。中でも『W32/Aliz』ウイルスが1020件で、これまでの月間届け出件数が520件と最も多かった7月の『W32/Sircam』を大きく上回った。

11月は新たに、マイクロソフト社のウェブブラウザー『Internet Explorer』のセキュリティホールを悪用して感染を拡げる『W32/Klez』、『W32/Aliz』、『W32/Badtrans(亜種)』の3種類のウイルスの届け出があった。メールソフトの『Outlook』ではメールを開いただけで、『OutlookExpress』ではメールをプレビューしただけで感染するという。『W32/Aliz』はウイルスメールを送信するもの、『W32/Badtrans(亜種)』はパスワードなどを漏洩させるものでオリジナルのウイルスにメール本文を見ただけで感染する機能などを追加したもの、『W32/Klez』はパソコン内のファイルを破壊するもの。

IPAでは、IEユーザーにセキュリティーパッチを適用するように注意を促しているほか、年末年始にかけて、クリスマスカードや年賀状に見せかけたウイルスやデマメールが出現する可能性があるため、事前の予防対策を行なうように呼びかけている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART