このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

イー・アクセス、G.dmt Annex Cによる8Mbpsサービスのフィールドデータの結果を発表

2001年12月03日 20時27分更新

文● 編集部

イー・アクセス(株)は3日“G.dmt Annex C”規格に準拠した下り8Mbps/上り1MbpsのADSL接続サービスについて下り方向の実測データを発表した。それによると、同社が11月1日に発表した実験環境下における評価結果で想定したデータにおおむね従っているという。

測定結果は、線路長が2km以下の場合、78%のユーザーが6Mbps以上、98%のユーザーが3Mbps以上の速度が得られたという。線路長が2km以上になると、69%が1.5Mbps以上、31%が1.5Mbps以下となる。さらに線路長が3.5kmを超えると、1.5Mbpsに達しないことが多くなるという。

同社では、フィールドデータやグラフを含む評価結果の詳細をホームページに掲載している。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART