このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ThinkPad A30p(2653-66J)

ThinkPad A30p(2653-66J)

2001年12月07日 00時00分更新

文● 池田 圭一

ThinkPad A30p(2653-66J)

日本アイ・ビー・エム

オープンプライス(IBMダイレクト価格 44万9000円)

日本IBM ThinkPadシリーズの最高峰となるのが「ThinkPad A30p」だ。持ち運びも可能なA4ファイルサイズ(3.45kg)のボディに、現状で考えうるすべての機能を搭載したかのような豊富なスペックを備える万能ノートPCであり、広視野角液晶と各種の通信機能、搭載インターフェイス類に注目だ。

A4ファイルサイズに
多機能を凝縮

 日本IBMの「ThinkPad」は、2001年秋から「i Serise」の名称が消滅し、個人/企業向け製品を統一したラインナップ構成となった。そのフラグシップとなるのが、15インチのUXGA(1600×1200ドット)液晶を搭載したA4ファイルサイズの「ThinkPad A30p」である。CPUにMobile PentiumIII-M-1.2GHzを、ビデオチップにMobility RADEON(ビデオメモリ32MB)を採用し、DVD-ROM&CD-RWを「ウルトラベイ2000」に標準装備するなど、デスクトップPCと同等かそれを上回る性能と機能を提供する。

写真1 FlexView Display液晶搭載のThinkPad A30pと、従来の14インチXGA液晶を装備したThinkPad i Series 1800。A30pの液晶の視野角の広さがわかる。ほぼ真横から見ても、明るさ色調ともに変化が少ない。
 ThinkPadといえば、使いやすさに重きを置いた製品デザインがなされていることで定評がある。今回は特に、1600×1200ドット表示の15インチTFT液晶に、新開発の「FlexView Display」が採用されたことに注目したい(写真1)。この液晶パネルは視野角が非常に広く(上下・左右ともに170度)、発色性に優れているという。画面に顔を近づけても均一な明るさ・色味で、白も液晶にありがちな高温(青白く見える)ではなく、より自然に近い白さだった。



写真2 各種通信モジュールを装備した底面のスロット部。左上が10BASE-T/100BASE-TX対応のLAN、左下がBluetooth、右がminiPCIスロット装着の無線LANモジュール(s30内蔵のものと異なるIntersil製チップ採用のActiontec Electronics製)。
 忘れてならないのが、通信機能の充実だ。通信関連機能を内包するチップセット(830MP)を採用することで、各種モジュールの小型化に成功した。V.90対応モデム、10BASE-T/100BASE-TX対応のLANポートといった標準的な通信機能に加えて、各種モバイル機器との連携に便利な無線通信機能であるBluetoothと、11MbpsのIEEE802.11b対応の無線LANを内蔵している。Bluetoothと802.11bは同じ2.4GHzの周波数を使うので干渉するが、日本IBMでは「Bluetoothを使うと無線LANが一時的にとぎれるが、Bluetoothを中止すれば復帰するので問題ない」としている。
 ドライブベイは左右共に「ウルトラベイ2000」を採用するほか、右側のドライブベイは、ウルトラベイ2000を拡張してUSBの信号線を加えた“ウルトラベイ・プラス”対応となっている。このベイには、CD-RW&DVD-ROMドライブが装着されているが、オプションのFDD、HDD、Zip250MBドライブのほか、ウルトラベイ・プラス対応の収納式テンキーパッド「数値キーパッド」も内蔵できる(引き出し式トレイ「デバイスキャリア」が別途必要)。左側は従来型のウルトラベイ2000で、標準で装着されているFDDのほか、セカンドHDDや光ドライブに換装することも可能だ。
 内蔵HDDは液体軸受けを採用した48GBの2.5インチドライブ(Travelstar IC25T048ATDA05-0)。動作中でもディスクの回転音が聞こえないほど静穏性に優れている。

 A30pの難点は、低価格化が進むA4ノートの中でひときわ目立つ約45万円という価格だが、広大で見やすい液晶画面とフル装備がもたらす快適は、他の追随を許さないフラグシップにふさわしい製品と言える。


ThinkPad A30p(2653-66J)の主なスペック
CPU Mobile PentiumIII-M-1.2GHz
メモリ 128MB(最大1GB)
液晶 15インチ
解像度 1600×1200ドット/フルカラー
HDD 48GB
CD-RW&DVD R4倍速、RW4倍速、CD24倍速、DVD6倍速
通信 モデム、LAN、無線LAN、Bluetooth、IrDA
サイズ 329(W)×272.5(D)×46.8(H)mm
重量 約3.45kg
OS Windows 2000 Professional

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン