このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ディアイティ、最大54Mbpsの通信が可能なIEEE 802.11a準拠の無線LAN製品群を発表

2001年11月09日 18時35分更新

文● 編集部

(株)ディアイティは8日、USB対応の無線LANアダプター『Skyline 802.11b USB Adapter for Desktops』の販売を12月中旬に、“IEEE 802.11a”準拠の無線LAN製品群“Proxim Harmony 802.11aファミリー”の販売を12月15日に開始すると発表した。

『Skyline 802.11b USB Adapter for Desktops』
『Skyline 802.11b USB Adapter for Desktops』

『Skyline 802.11b USB Adapter for Desktops』は、Windows/Macintoshに対応したUSBインターフェース搭載の無線LANアダプターで、“IEEE 802.11b”に準拠する。通信速度は1/2/5.5/11Mbps。通信距離は、障害物のない環境で最大100m。電源はUSBポートから供給。価格は2万4800円。

“Proxim Harmony 802.11aファミリー”“Proxim Harmony 802.11aファミリー”(奥がAccess Point Controller、中央がPC Card、手前がAccess Point)

“Proxim Harmony 802.11aファミリー”は、米Proxim社が開発したIEEE 802.11a準拠の無線LAN製品群。無線LAN用のアクセスポイント『Harmony 802.11a Access Point』、PCカード型(CardBus対応)の無線LANアダプター『Harmony 802.11a PC Card』、アクセスポイント管理システム『Harmony Access Point Controller』の3製品で構成される。Harmony Access Point Controllerは、1台で最大30台のアクセスポイントを集中管理できる。VPNトンネリング機能やIPフィルタリングファイアーウォール機能を搭載し、複数の異なるサブネットに存在するアクセスポイントを一括管理可能。また、同社のIEEE 802.11b準拠のアクセスポイント『Harmony 802.11b Access Point』にも対応する。さらに、オプションの『Harmony Power System』(価格は11万円)を用いれば、Ethernetケーブル経由で最大6台のアクセスポイントに電源を供給可能。価格は23万5000円。

『Harmony Power System』『Harmony Power System』

Harmony 802.11a Access Pointは、無線LAN用のデュアルダイバシティーアンテナと、LAN接続用の10/100BASE-TのLANアダプターを装備。IEEE 802.11aに準拠し、通信距離は、障害物のない環境で最大100m。価格は12万5000円。一方、Harmony 802.11a PC Cardは、IEEE 802.11aに準拠し、CardBusスロットを搭載したPC/AT互換機またはMacintoshに対応する。動作モードはアドホックモード/インフラストラクチャモードで、通信距離は最大100m(障害物のない環境)。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS(バージョンは未定)。価格は3万9800円。なお、IEEE 802.11aは、最大54Mbps(48/36/24/18/12/9/6Mbpsにも対応)の通信速度と、152bit(64/128bitにも対応)のWEP(暗号化機能)を提供可能な無線LAN規格。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART