このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

富士通と富士通研究所、リアルタイムで暗号化可能なビデオストリーミング技術を発表

2001年11月07日 21時17分更新

文● 編集部

富士通(株)と(株)富士通研究所は6日、デジタルビデオ画像をリアルタイムで暗号化し、インターネットで転送するストリーミング技術“Coment DV/IPsec”を開発したと発表した。

“Coment DV/IPsec”は、動画データをリアルタイムで暗号化し、インターネットを用いて少ない遅延時間で転送できるビデオストリーミング技術。両社が1992年から参加している“技術研究組合新情報処理開発機構”(RWCP:Real World Computing Patnership)が開発した通信処理技術“Comet”を応用したもので、ネットワークプロセッサー“Comet NP”を用いて暗号化処理を行なう。暗号化では、インターネットの標準暗号化通信方式“IPsec”を採用。また、プログラムを書き換えることで、現行のIPv4用IPsecのほかに、次世代のIPv6用IPsecにも対応可能。両社では、セキュリティーを保持した医療用画像のデータ転送や、有料のストリーム放送などの用途を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART