このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

メルコ、AnnexAとCに対応したADSLモデムと15インチTFT液晶ディスプレーなどを発売

2001年11月02日 18時16分更新

文● 編集部

(株)メルコは2日、“BUFFALO”ブランドの新製品として、8Mbps対応のADSLモデム『IGM-U8000AC』と、15インチフルカラーTFT液晶ディスプレー『FTD-X15AH』を発表した。併せて、ネットワーク機器3製品、外付け型HDD2機種、Windows/Macintosh対応の外付け型CD-RW/Rドライブ3機種を発表した。

『IGM-U8000AC』
『IGM-U8000AC』

『IGM-U8000AC』は、AnnexA/AnnexCの両方に対応したADSLモデム。パソコンとの接続用インターフェースはUSB1.1準拠で、通信(下り)の最高速度は8Mbps(G.dmt)と1.5Mbps(G.lite)。また、PPPoE/PPPoA/RFC1483(IPoA)に対応。電源(5V)はUSB経由でパソコンから供給するため、ACアダプターは不要。ボディーは、ホワイトとグレーのツートーンカラーを採用。設置用に背面磁石を装備し、余分なケーブルを収納できる“ケーブル巻取り機構”を搭載。1mのUSBケーブルとスプリッターなどが付属する。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。価格は1万2800円で、11月下旬に出荷を開始する。

『FTD-X15AH』
『FTD-X15AH』

『FTD-X15AH』は、1024×768ドット1677万色表示の15インチTFT液晶ディスプレー。輝度は最大200cd/m2。コントラスト比は350:1。応答速度は40ミリ秒(立ち上がり+立ち下り)。視野角は上55度/下45度、左60度/右60度。水平同期周波数は31.5~60.2kHz。消費電力は最大18W。入力端子はミニD-Sub15ピン。垂直同期周波数は56~75Hz。本体サイズは幅385×奥行き172×高さ370mmで、重量は4.1kg。価格は4万4800円で、11月中旬に出荷を開始する。

『WLM-L11G』
『WLM-L11G』
『LSM-L3-24』
『LSM-L3-24』
『WLI-PCM-L11G』
『WLI-PCM-L11G』

併せて発表されたネットワーク機器3製品は、無線LANアクセスポイント『WLM-L11G』、10BASE-T/100BASE-TX対応のスイッチングHub『LSM-L3-24』、PCカード型(Type II)の無線LANアダプター『WLI-PCM-L11G』。WLM-L11Gは、“AirStationProシリーズ”の新モデルで、IEEE802.11bに準拠した無線LANアクセスポイント。ダイバシティ方式のアンテナを内蔵し、通信距離(11Mbps通信時)は屋外160m/屋内50m。データ転送速度は1/2/5.5/11Mbps。128/40bitWEP対応のセキュリティー機能と、最大6台のアクセスポイント間通信が可能なリピーター機能を搭載する。また、LSM-L3-24は、“NetSeekerシリーズ”の新モデルで、24ポート(10BASE-T/100BASE-TX)装備のスイッチングHub。2つの拡張スロットを装備し、オプションで1000BASE-SX/LXに対応可能。SNMPに対応し、バッファー容量は4MB。さらに、『WLI-PCM-L11G』は、“AirStationシリーズ”の新モデルで、IEEE802.11bに準拠したPCカード型の無線LANアダプター。通信距離(11Mbps時)は、屋外160m/屋内50m。ダイバシティ方式のアンテナを内蔵し、128/40bitWEP対応のセキュリティー機能を搭載する。3製品の出荷開始時期と価格は、WLM-L11Gが12月下旬で9万8000円、LSM-L3-24が12月中旬で17万8000円、WLI-PCM-L11Gが11月中旬で9800円。

『DUB2-40G』『DUB2-40G』

外付け型HDDは、インターフェースがUSB2.0/USB1.1対応と、IEEE1394/USB1.1対応の2機種を用意。両機種とも、記憶容量が40GB/60GB/80GBの3モデルで構成される。縦置き/横置き対応で、ボディーカラーはホワイト。11月中旬に出荷を開始する。価格は、USB2.0/USB1.1対応の『DUB2-40G』(40GB)が2万3000円、『同60G』(60GB)が2万6500円、『同80G』(80GB)が3万2000円。一方、IEEE1394/USB1.1対応の『DIU-40G』(40GB)が2万5500円、『同60G』(60GB)が2万8800円、『同80G』(80GB)が3万3500円。

『CRW-24U2』
『CRW-24U2』

外付け型のCD-RW/Rドライブ3機種は、USB2.0/USB1.1対応の『CRW-24U2』、IEEE1394/USB1.1対応の『CRW-24IU』、SCSI/USB1.1対応の『CRW-24SU』。3機種とも、縦置き/横置きの両方に対応。埃の侵入を防ぐフロントシャッターや、発熱防止用の冷却ファンを搭載する。ボディカラーはホワイト。データ転送速度は、CD-R書込みが最大24倍速、CD-RW書換えが最大10倍速、CD-ROM読込みが最大40倍速。WindowsとMacintoshに対応する。出荷開始時期と価格は、CRW-24U2が11月上旬で1万9800円、CRW-24IUが11月上旬で2万2000円、CRW-24SUが11月中旬で2万4300円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART