このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アップル、Mac OS X対応のDVDオーサリングツール『iDVD 2』を発表

2001年11月02日 17時04分更新

文● 編集部

アップルコンピュータ(株)は1日、DVDプレーヤーで再生可能なDVDタイトルを制作できる個人向けDVDオーサリングツール『iDVD(アイディーヴィーディー) 2』を発表した。対応OSはMac OS X 10.1。CD-RWとDVD-Rの両用ドライブ『SuperDrive』を搭載した『Power Mac G4』の867MHzおよびデュアル800MHz搭載モデルにバンドルされる。『iDVD』ユーザーには、同日からアップグレードプログラムを通じて提供する(実費2500円)。

『iDVD 2』は、ビデオ編集ソフト『iMovie』などで作成したQuickTimeファイルや静止画像をドラッグ&ドロップするだけで、最長90分のビデオ素材を含んだDVDタイトルを制作できるソフト。同様の操作によりDVDのメニューボタンやバックグラウンドにモーションビデオを追加できるようになった。メニューやボタンの作成には、プロがビデオや静止画を使用してデザインした14種類のテーマや、自分で作成したものを利用できる。完成したビデオは、SuperDriveのDVD-Rにワンクリックで書き込める。デジタル写真にBGMを加えて、スライドショーも制作できる。MPEGエンコーディングやDVDメディアへの書き込みがバックグラウンドで実行できるため、それらの作業をしている間も、マシンをほかの作業に使用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART