このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

結局、何が違うの?G450の新作「Millennium G450EX」が1万円割れで登場

2001年10月31日 23時23分更新

文● 小磯

Millennium G450EX

 「Millennium G550」の登場で製品出荷の終了もそう遠くないと目される従来製品「Millennium G450」に、シリーズ最終モデルと目される「Millennium G450EX」が登場した。同製品は、デュアルヘッド(デュアルディスプレイ)をサポートする点などカードの基本仕様はこれまで流通しているリテールボックス版Millennium G450と同じながら、標準添付されてきたテレビ出力ケーブルやソフトDVDプレーヤを別売りにすることで販売価格を下げた製品である。



裏面

 価格はBLESS 秋葉原本店で9800円。現在、リテールボックス版のMillennium G450(デュアルヘッド対応)の市場価格が1万6000円前後、そしてバルク版が1万2000円前後ということを考えれば、単純にオフィスユースで利用したい人にとってMillennium G450EXはかなり魅力的な製品と言える。パフォーマンス面で見るべきものは特にないが、終了したRADEON VEに代わって企業ユーザーを中心に人気を集めそうだ。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社