このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

富士通、40GBの2.5インチHDDを開発

2001年10月31日 22時20分更新

文● 編集部

富士通(株)は30日、最大容量が40GBの2.5インチHDD“MHR”シリーズを開発したと発表した。国内では富士通コワーコ(株)が、海外では富士通の海外拠点を通して同日付けで販売を開始する。11月より順次OEM向けのサンプル出荷を開始する。

MHRシリーズ
MHRシリーズ

MHRシリーズは、(株)富士通研究所が8月に発表した“SFメディア”を採用し、1平方インチあたり36.4Gbitの面記録密度に高めたことで、ディスク1枚あたりの容量を20GBにしたHDD。ボールベアリングモーターではなく、静音性/耐衝撃性/耐久性にすぐれたFDB(流体軸受け)モーターを採用した製品も提供するという。インターフェースはUltra ATA/100に対応しており、容量が10GB、20GB、30GB、40GBの4製品をラインアップする。

同社では、再生時に従来の2倍以上の高出力でデータを読み出せる“ダブルスペキュラー型GMR(Giant Magneto-Resistive)ヘッド”や、記録能力を30%以上向上させた“高精度記録ヘッド”を採用することで、2年後にはディスク1枚あたり100GBのHDDを製品化するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART