このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

回転停止警告ブザー付きのCPUクーラーがTitanから登場

2001年10月31日 23時26分更新

文● 水野

TTC-D6T

 黄金の円筒形フィンの中心にファンを埋め込むというユニークな構造のCPUクーラー「Majesty」を登場させたTitanが、新型CPUクーラー「TTC-D6T」を発売した。
 表面積を増やすためか、はたまたマザーボード上のコンデンサを避けるためかは不明だが、“逆富士山型”の上に行くにしたがって大きく広がったアルミ製ヒートシンクが特徴だ。



謎の物体

 目を引くのが電源コードの中ほどに付いている銀色の物体で、よく見るとマザーボードにオンボードで搭載されるタイプのシステムスピーカと同型の小型スピーカが内蔵されている。ショップによれば、これはファンの回転が何らかの原因で止まってしまった際、警告音を発してくれるものらしく、Titanではこれを付けた電源コードを「Alarm Sensor Cable」と銘打っているという。その音は100dBというから、相当大きな音と思われる。
 全体のサイズは63(W)×80(D)×65(H)mm。ファンのメーカーは不明だが、6cm角で回転数は5000rpm、騒音は31dB。サイトによると、Athlon(Thunderbird)/Duronは1.7GHzまで、Cuppermineコア版Pentium IIIは1.13GHzまで、Tualatinコア版Pentium III/Pentium III-Sは2GHzまで対応するという。


横正面
ファン固定金具
激安

 価格はコムサテライト3号店で1980円。



【関連記事】
  •  
【取材協力】

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中