このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ぷらっとホーム、手のひらサイズのサーバー『OpenBlockSS』を発売

2001年10月25日 14時50分更新

文● 編集部

ぷらっとホーム(株)は25日、手のひらサイズのミニサーバー『OpenBlockSS(オープンブロックスエス)』を発表した。同社の法人営業部、コンタクトセールス部(TEL.03-3251-2600)、インターネット直販“ぷらっとオンライン”、秋葉原店舗(TEL.03-3251-7611)を通じて同日より販売する。販売価格は4万9800円。

『OpenBlockSS』
『OpenBlockSS』

『OpenBlockSS』は、昨年7月に発表した『OpenBlockS(オープンブロックス)』の上位機種。2個のLANアダプターによるルーター機能、 DHCPサーバー機能、簡易ファイアーウォール機能といった基本機能を継承する。コンパクトフラッシュスロットにメモリーカードを装着し、サーバープログラムを格納することで、ウェブサーバーやメールサーバー(POP/SMTP)として使用できる。さらにユーザーの作成したエージェントプログラムの実行も可能。コンパクトフラッシュスロットを取り外し、2.5インチのHDDを搭載することもできる。

背面上方
カバーを外して背面上方から見たところ

今回新たに米IBM社製のRISC型CPUであるPowerPC 405GP-200MHzを採用し、8MBのフラッシュROM、64MBのSDRAMメモリー、100BASE-TX×2ポートを搭載する。OSはLinux カーネル 2.4.2で、開発用ソースやクロスコンパイラーも提供する。本体底部の拡張スロットには、PCスロット拡張カードまたはUSBポート拡張カードを追加できる。本体サイズは幅118×奥行き84×高さ53mm。

オプションの予価は、コンパクトフラッシュの64MBが5980円、128MBが1万1800円、192MBが1万9800円、20GBの内蔵HDDが2万9800円、内蔵PCカードが1万2800円、内蔵USBカードが1万2800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

11/25(土)はジサトラ出張in沖縄

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン