このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日立、コンシューマー向けデスクトップ『Prius Deck』およびノート『Prius Note』を発表

2001年10月23日 23時23分更新

文● 編集部 中西祥智

日立製作所(株)は23日、コンシューマー向けパソコン“Prius(プリウス)”3機種7モデルを発表した。デスクトップ型は、『Prius Deck 770A』および『Prius Deck 570A』の2機種。ノート型は『Prius Note 200A』1機種。27日より順次販売を開始する。

『Prius Deck 770A5SV』
『Prius Deck 770A5SV』

テレビチューナーを装備するPrius Deck 770Aは、Pentium 4-1.5GHz搭載の『770A5SV』とAthlon-1.4MHz搭載の『770A5SW』の2モデル。両モデルとも光ディスクドライブを2台搭載する。

770A5SVは、DVD-RAM/Rドライブ(DVD-RAM書き込み最大2倍速、DVD-R書き込み1倍速、DVD読み込み6倍速)およびCD-R/RWドライブ(CD-R書き込み最大10倍速、CD-ROM読み込み40倍速)を搭載し、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスが付属する。チップセットはIntel 845で、グラフィックスチップはATI RADEON VE、256MBのSDRAM(PC133)、80GBのHDD(Ultra ATA/100)、MPEG-2リアルタイムエンコーダー付きテレビチューナーなどを装備する。最長で約40時間のテレビ録画が可能。

そのほかには、10BASE-T/100BASE-TX、USB×6、IEEE1394×3、PCカードスロット(Type II×2、Type III×1)、SDカードスロット、56kbpsモデム(V.90対応)、光オーディオアウト端子などを装備する。付属するディスプレーは15インチTFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット、1677万色)で、コントラスト比300対1、輝度は200cd/m2、視野角は左右上下とも170度の“スーパーピュアカラー”液晶を採用する。ディスプレーに、ワイヤレスキーボード/マウスの受光器がある。

770A5SVの本体サイズは幅105×奥行き339×高さ367mmで、重さは約6.2kg。Windows XP Home EditionおよびOffice XP Personalなどをプレインストールする。価格はオープンプライス(編集部による予想価格は30万円弱)。

また、Athlon-1.4MHz搭載の770A5SWは、VIA ProSavage KL133Aチップセット、60GBのHDD、DVD-ROMドライブ(DVD読み込み最大16倍速)およびCD-R/RWドライブを搭載する。価格はオープンプライス(編集部による予想価格は約25万円)。

Prius Deck 570Aは、Pentium 4-1.5GHzを搭載する『570A5SV』および『570A5SW』の2モデルと、Athlon-1.13GHz搭載の『570A5SVE』1モデルの、合わせて3モデルで構成する。

『Prius Deck 570A5SV』
『Prius Deck 570A5SV』

570A5SVおよび570A5SVEは、DVD-RAM/Rドライブ(DVD-RAM書き込み最大2倍速、DVD-R書き込み1倍速、DVD読み込み6倍速)およびCD-R/RWドライブ(CD-R書き込み最大10倍速、CD-ROM読み込み40倍速)を搭載し、570A5SWは、DVD-ROMドライブ(DVD読み込み最大16倍速)およびCD-R/RWドライブを搭載する。

Pentium 4搭載の570A5SVおよび570A5SWは、グラフィックスチップとしてATI RADEON VEを実装するが、Athlonを搭載する570A5SVEは、VIA KL133Aチップセット内蔵のグラフィックス機能を使用する。そのほかに、256MBのSDRAM(PC133)、Ultra ATA/100対応の60GBのHDD(570A5SVEは40GB)、10BASE-T/100BASE-TX、USB×6、IEEE1394×3(570A5SVEは×2)、PCカードスロット(Type II×2、Type III×1)、SDカードスロットなどを装備する。

本体サイズは幅105×奥行き339×高さ367mmで、重さは約6.1~6.2kg。Windows XP Home EditionおよびOffice XP Personalなどをプレインストールし、価格はオープンプライス(編集部による予想価格は、570A5SVが約27万円、570A5SVEが約25万円、570A5SWが約24万円)。

また、モバイルAthlon-1.0GHzを搭載する『Prius Note 200A4TM』およびモバイルDuron-850MHz搭載『200A4TME』の2モデルは、KT133Aチップセット、DVD&CD-R/RWコンボドライブ(DVD読み込み最大8倍速、CD-RW書き換え4倍速)および14.1インチ“ラスタービュー”TFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット、ディザリングにより1677万色表示)を装備するA4ノートパソコン。

『Prius Note 200A4TM』
『Prius Note 200A4TM』

搭載する“ラスタービュー”カラー液晶ディスプレーは、従来より輝度(200cd/m2)と色の再現性が向上しており、視野角は左右120度となっている。256MBのSDRAM(PC100)、30GBのHDD(Ultra ATA/66対応)、10BASE-T/100BASE-TX、USB×2、IEEE1394、PCカードスロット(Type II×2、Type III×1)、56kbpsモデム(V.90対応)などを装備する。

ニッケル水素バッテリーを搭載し、バッテリー駆動時間は約1.3時間で充電時間は電源オフ時で約2時間。本体サイズは幅309×奥行き263×高さ43mmで、重さは約3.5kg。Windows XP Home EditionおよびOffice XP Personalなどをプレインストールする。価格はオープンプライス(編集部による予想価格は200A4TMが約24万円、200A4TMEが約21万円)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン