このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

充電式の外付けUSB HDDケースが発売、リチウムイオン電池で10時間連続稼動可能!

2001年10月19日 00時00分更新

文● 水野

MPD2110

 SNEから、USB対応の外付け2.5インチHDDボックス「MPD2110」が発売された。
 単なるHDDボックスならばそう珍しくもないが、この製品の特徴は、本体にノートPCでおなじみのリチウムイオンバッテリを内蔵しており、電源供給なしで連続10時間の稼動が可能という点だ。



MPD2110内部

 本体サイズは80(W)×140(D)×20(H)mmで、20mm厚という薄いケース内にリチウムイオンバッテリを内蔵するため、内蔵できるHDDは9.5mm厚のものに限られるが、薄さを追求した筐体の重量は10gと極めて軽い。実際に持ってみると「バッテリが入っていないのでは?」と思うほど軽く感じるほどだ。なお、パッケージにはバッテリ充電用のACアダプタが付属しており、フル充電に要する時間は約6時間。MPD2110の本体バッテリが切れた後は、USBからの電源供給に自動的に切り替わるようになっているので、突然HDDが使えなくなるという心配はない。



電源LED
電源ボタンを押すと青色のLEDが光るのはちょっと格好いい
MPD2110

 価格はOVERTOPで9800円。登場しているのはUSB1.1版のみだが、近日中にIEEE1394版も登場予定である。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ