このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

登場間近! “GeForce3 Ti500”搭載「WinFast Titanium 500TD」サンプル版が展示中

2001年10月18日 23時45分更新

文● 水野

WinFast Titanium 500TD

 新型RADEONシリーズに話題を奪われた感が漂っているが、その裏で続々登場しているNvidiaの“GeForce Titanium”シリーズ。ミドルレンジを担当する“GeForce2 Ti”、廉価版ハイエンドの“GeForce3 Ti200”と、新型チップを搭載したビデオカードがアキバに姿を現しはじめているのはすでにお伝えしている通り。
 そして真打ち、シリーズの新たな旗艦となるハイエンドチップ“GeForce3 Ti500”の登場もいよいよ間近に迫ってきたようだ。TSUKUMO eX.ではこれを搭載したLeadtek(Leadtek Research)製カード「WinFast Titanium 500TD」の展示が始まっている。



WinFast Titanium 500TD

 性能的には、従来のGeForce3を中間にはさみ、ディチューンして低価格化したのがTi200、チューンアップしたものがTi500という位置付けとなり、テクセル性能とVRAMの帯域幅はGeForce3の32億テクセル/秒/7.36GB/秒からGeForce3 Ti500で38.4億テクセル/秒/8.0GB/秒へと向上している。
 展示品の外観は、真っ先に目を引く巨大なチップクーラーをはじめ全体的に従来製品「WinFast GeForce3 TDH」、そしてついこの間登場したばかりの「WinFast Titanium 200 TDH」とほぼ同じレイアウトだが、左上のD-Subコネクタ近くの実装パーツが一部異なっている。D-Sub15ピン/Sビデオ/DVIの各端子を搭載するところは同じだ。チップ本体やメモリチップがどのようになっているのかはまだ不明であり、製品版の登場までは謎につつまれたまま、となりそうだ。



WinFast Titanium 500TD

 残念ながら、発売日および価格は現在のところ未定。
 しばらくは、RADEON 8500との「頂上対決」を夢見る日々が続きそうだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社