このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

IEEE1394とS/P DIFがオンボード!ASUSTeKのi845マザーボード「P4B-LX」登場!

2001年10月18日 22時49分更新

文● 水野

P4B-FX

 ASUSTeKのi845+Socket478マザーボードは「P4B」を中心にMicroATX版の「P4B-M」「P4B-MX」FlexATXの「P4B-FX」というバリエーション展開となっているが、ここにきて「P4B-LX」という型番の製品がが登場した。



IEEE1394&S/PIDF

 最大の特徴はS/P DIFインターフェイスをオンボードで搭載している点。前バージョンでもS/P DIFはオプションで用意されていたが、オンボードとしたマザーボードは初となる。
 もともと、i8xx系チップセットのICH2に内蔵されているAC'97オーディオはS/P DIFもサポートしている。これまでそれを使用したマザーボードがなかったというだけの話なのだが、ユニークな存在であるのは間違いない。
 このほかマザーボード上にコントロールチップを搭載することによりIEEE1394をインターフェイスも備えている。S/P DIFに並ぶ位置に6ピン×1のほか、マザーボード上のコネクタからブラケット部に出す形式の、6ピン×1、4ピン×1のハーネスが付属しており、よって拡張カードなしで最大3ポートの使用が可能ということになる。



IEEE1394ハーネス

 拡張スロットはAGP×1、PCI×3。DIMMスロットは2本。このほかRealtek製の10/100Base-TX対応ネットワークコントローラをそなえる。
 価格はコムサテライト3号店で2万6700円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社