このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

BRL-04F

BRL-04F

2001年10月16日 22時49分更新

文● 宇野貴教

BRL-04F

プラネックスコミュニケーションズ

オープンプライス(参考価格1万9800円)

「bRoadLanner」シリーズは、プラネックスコミュニケーションズが販売するCATV/xDSL対応のブロードバンドルータである。このシリーズの製品は非常にバリエーションが豊富で、今回紹介する最もスタンダードな4ポートハブ内蔵の「BRL-04F」のほか、ハブを内蔵しない「BRL-01N」、無線LANアクセスポイント機能を備える「BLW-01P」、プリントサーバを搭載する「BRL-07P」などがあり、付加機能やスループットによりさまざま製品が用意されているのが特徴だ。

最新ファームウェアで大幅機能UP

BRL-04F
BRL-04Fの背面。WAN側、LAN側ともにNormalとUplinkの切り替えスイッチが用意されている。
 「BRL-04F」はフレッツ・ISDN/ADSLに代表される、“プロバイダから提供される1個のIPアドレスを複数のPCで利用するユーザー”をターゲットにしたブロードバンドルータだ。この種類の製品はブロードバンドルータの中では最も低価格な部類に入りメーカー間の価格競争も熾烈だが、本製品はメーカー公表値8.5Mbpsのスループット(WANポート-LANポート間)を誇り、CATVや下り8Mbpsの高速ADSL、光IP通信網サービスなどの高速通信に対応しているのが特徴だ。

 インターフェイスはWAN/LAN側ともに10BASE-T/100BASE-TX対応で、LAN側には4ポートのスイッチングハブを装備する。LANポートの1つはスイッチでハブのカスケード接続に用いるUplinkポートにも切り替えられる。また、WANポートにもNormal/Uplink切り替えスイッチを装備しているが、これはクロス接続が必要な一部のCATV/ADSLモデムに対応するためのものだ。接続状態を示すLEDは他機種に比べ非常に大きく目立つようになっている。



BRL-04F
BRL-04Fに付属するACアダプタ。ACアダプタ自体小型だが、延長ケーブルも付属していて取り回しが楽だ。
 ルータの設定は最近の製品では定番となっているWebブラウザをつかって行う。発売当初はパケットフィルタリング、静的ルーティングなどは装備するもののブロードバンドルータとしては必要最低限の機能しか搭載されていなかったり、PPPoEの接続設定が1つしか登録できないなど不満点が多かった。だが、最新のファームウェア(Ver.6.15)ではPPPoE設定プロファイルが最大3つになり、複数のグローバルIPアドレスのハンドリング、LAN側の特定のPCをインターネット側からアクセス可能にする「バーチャルコンピュータ機能」の追加、メールの着信をLEDで知らせる「メール着信機能」など大幅なパワーアップが施された。これにより、他機種に比べて機能面で劣るという問題点はほぼ解消されたと言ってよいだろう。



Webブラウザ設定画面
Webブラウザ経由の設定操作感は標準クラス。PPPoE接続が確率すると即座に割り当てられたIPアドレスが表示されるのでなかなか便利だが、送受信データ量をモニタする機能はない。

専用ツールの設定画面
専用ユーティリティでの設定操作は、Windows標準のダイアログを使っているためスッキリして見やすくコンパクトにまとまっている。操作性、レスポンスともにWebブラウザ利用時に勝っているといえるだろう。
 また、同時に機能設定のためのユーティリティソフトも用意されるようになった。Webブラウザによる設定と同等の機能を実現するものだが、操作性と見やすさではこちらのほうがやりやすいと感じた。また、NetMeetingなどNATにより、使用に制限が出るソフトのローカルサーバ設定テンプレートが用意されているといった利点もある。

 本機種のスループットの実測値は8.47Mbps。NetGenesis Optを除けば同クラスでは最もパフォーマンスの高い一台だ(詳しくは「8メガ時代のブロードバンドルータ・完璧ガイド」を参照)。
 不満点としてはマニュアルがPDFファイルしかなく、各機能の解説も簡素で初心者にはやや敷居が高いと感じることだ。もちろん、フィルタ設定などは行わずWebの閲覧しかしないなら初心者でも問題はないのだが、ステップアップしようというときに多少戸惑うかもしれない。だが、高速通信に対応する高スループットと100BASE-TXに対応するWANポートは、長く製品を利用できるという点で非常に魅力的である。ルータの買い換えを狙う中級者以上にはお勧めできる製品だ。


BRL-04Fの主なスペック
製品名 BRL-04F
価格 1万9800円
販売元 プラネットコミュニケーションズ
問い合わせ先 0120-415-976
WAN側インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX
LAN側インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX×4
設定方法 Web、telnet、専用ツール
本体サイズ 160(W)×27(D)×105.4(D)mm
重量 218g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン