このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ロジクール、コードレスマウスとキーボードのセット『Cordless Freedom Optical』など7製品を発売

2001年10月15日 23時04分更新

文● 編集部

(株)ロジクールは15日、コードレスキーボードとコードレスマウスのセットとして『Cordless Freedom Optical』、『Cordless Freedom iTouch』、『Cordless Freedom Compact』の3製品、キーボード単体として『Internet Navigator Keyboard』、『Cordless Keyboard』、『Deluxe Access 109 Keyboard』、『Cordless Freedom Compact』の4製品を11月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。

CK-86MZ(キーボード)
CK-86MZ(キーボード)
CK-86MZ(マウス)
CK-86MZ(マウス)

『Cordless Freedom Optical(コードレス フリーダム オプティカル)』(CK-86MZ)はフラッグシップモデルで、コードレスキーボードとコードレスマウスのセット。デスク面とキーボード面を平行にした薄型の流線型デザイン“Zero-Degree Tilt”(ゼロ・ディグリー・ティルトを採用し、手首や腕のストレスを最小限に抑え、長時間の利用でも快適さを維持できるようにしたという。キーボードの左側にスクロールホイールと2個のボタン“ジャンプ”“戻る”を装備し、インターネットアクセスやアクティブなアプリケーションの切り替えなどをその部分だけで行なえるようにした“iNav”(アイナビ)機能を搭載する。そのほか、メール/ショッピング/検索/お気に入り/マイサイト/など9個のインターネットボタン“iTouch”や、オーディオ機器のようにCD/DVDを操作できるボタンや音量ダイアルを搭載する。キー配列は日本語109キーボード準拠で、キーピッチは19mm。

付属のコードレスマウスは、800dpiの光学式センサーを搭載し、4段階でLEDの点滅を自動制御することで省電力化も図ったという。

ワイヤレスインターフェースには27MHz帯の電波(キーボード/マウス各1チャンネル)を利用しており、12bitのIDを割り当てられるため、マルチユーザー環境での干渉もないという。利用範囲は半径1m。電源はキーボードが単3アルカリ乾電池×4本で約6ヵ月から1年の電池寿命を持ち、マウスは単3アルカリ乾電池×2本で約3ヵ月の電池寿命を持つという。本体サイズはキーボードが幅492×奥行き186×高さ47mm(パームレストなし)で重量は1100g、マウスは幅70×奥行き120×高さ45mmで107g、受信機は幅70×奥行き100×高さ25mmで135g(160cmのケーブル含む)。

対応機種はPC/AT互換機で、対応OSはWindows 95/98/NT/2000/Me/XP。Windows 3.1では基本的なキー操作のみ利用できる。USBとPS/2に対応する。アプリケーションソフトとして『iTouch ソフトウェア マルチリンガル版』が付属する。

『Cordless Freedom iTouch(コードレス フリーダム アイタッチ』(CK-56M)は“iTouch”機能を搭載したコードレスキーボードとコードレスマウスのセット。マウスの解像度は400dpi。無線チャンネルはマウスとキーボード各2チャンネル。本体サイズはキーボードが幅481×奥行き186×高さ47mm(パームレストなし)で重量は1000g、マウスは幅70×奥行き125×高さ39mmで112g、受信機は幅70×奥行き100×高さ25mmで135g(160cmのケーブル含む)。対応機種やOSはCK-86MZと同じ。

CK-36M/CK-36(キーボード)
CK-36M/CK-36(キーボード)
CK-36M(マウス)
CK-36M(マウス)

『Cordless Freedom Compact(コードレス フリーダム コンパクト』(CK-36M)は、テンキー付きの省スペース型キーボードとコードレスマウスのセット。キーピッチは19mmで、マウスの解像度は400dpi。インターネットキー(4個)やマルチメディアキー(7個)を装備する。電源は単3アルカリ乾電池で約6ヵ月利用できるという。本体サイズは、キーボードが幅407×奥行き180×高さ35.5で重量は910g、マウスは幅60×奥行き125×高さ39mmで112g、受信機は幅83×奥行き35×高さ78mmで92g(160cmのケーブル含む)。対応機種やOSはCK-86MZと同じ。CK-36Mのキーボードは、単体で『Cordless Freedom Compact』(CK-36)としても販売する。

『Internet Navigator Keyboard(インターネット ナビゲーター キーボード)』(iK-36)は、有線タイプのキーボード。本体サイズは幅492×奥行き186×高さ47mm(パームレストなし)で重量は1060g。ケーブル長は180mm。対応機種とOSはCK-86MZと同じ。

『Cordless Keyboard(コードレス キーボード)』(CK-26)は、インターネットボタン3個を装備したコードレスキーボード。本体サイズはキーボードが幅472×奥行き185×高さ40mm(パームレストなし)で重量は850g、受信機は92g。対応機種やOSはCK-86MZと同じ。

『Deluxe Access 109 Keyboard(デラックスアクセス109キーボード)』(iK-26)は、CK-26の有線タイプに相当するキーボード。インターフェースはPS/2のみ(ケーブル長140cm)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン