このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

米インテル、Duronと競合するCeleronプロセッサーを価格改定

2001年10月15日 22時06分更新

文● 編集部 佐々木千之

米インテル社は14日(現地時間)、バリューデスクトップ向けプロセッサー『Intel Celeron』のうち、クロック周波数1.10/1.0GHz、950MHzバージョンについて7~17%引き下げた。

Intel Celeron
クロック 旧価格(9月30日付) 新価格(10月14日付) 値下げ率
1.10GHz 103ドル 86ドル(約1万400円) 14%
1.0GHz 89ドル 74ドル(約8900円) 17%
950MHz 74ドル 69ドル(約8300円) 7%

米インテルは2日付けで、0.13μmプロセス技術で製造し、256KBの2次キャッシュを搭載した“Tualatin(テュアラティン)”ベースのCeleron-1.20GHzを103ドル(約1万2400円)で発表している。今回の価格改訂はそれに関連して下位製品の価格調整を行なったものと見られるが、1日に米AMD社が『AMD Duron Processor』の1.1GHzバージョンを発表した際に、1.1GHzを103ドル(約1万2400円)、1.0GHzを89ドル(約1万700円)、950MHzを74ドル(約8900円)と、同じクロック周波数のCeleronと同じ価格付けをしており、今回その3製品のみの値下げを行なったことは、米AMDに対する価格的攻勢の1つとも考えられる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン