このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

HDE、LinuxとSolarisに対応したサーバ管理ソフト「HDE Center」を発売

2001年10月15日 17時10分更新

文● 編集部

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズは、LinuxとSolarisに対応したインターネットサーバ管理ソフト『HDE Center』を10月31日より販売する。

HDE Center
「HDE Center」画面

『HDE Center』は、「HDE Linux Controller」のノウハウが応用されており、OSが混在する分散環境におけるシステムの一括アップグレードや、システムダウンの防止、障害報告/自動復旧などの機能を持つ。

ラインナップは、管理サーバ用の「System Manager」、管理ノード用の「System Agent」に加え、オプションとして、ソフトウェアの一斉配信などを行なう「Distributing Manager」と、Oracleに関する監視機能を強化する「Monitoring Agent」が用意されている。価格は以下のとおり。

製品価格一覧
種別 製品名 Linux版 Solaris版
マネージャーソフト(5ノード) HDE Center 2.4/ System Manager 64万円 96万円
HDE Center 2.4/ Distributing Manager 40万円 60万円
エージェントソフト(1ノード) HDE Center 2.4/ System Agent 1万6000円 2万4000円
HDE Center 2.4/ Secure System Agent 2万4000円 3万6000円
HDE Center 2.4/ DB Monitoring Agent 30万円 45万円

また、「System Manager」5ノードと、「System Agent」5ノードをパックにしたエントリーモデル『HDE Center 2.4/ Business Servers Pack』を49万8000円で提供する。

対応OSは以下のとおり。これ以外のOSについてもサポートする予定だという。

  • Redhat Linux 6.2J/7.1
  • Turbolinux Server 日本語版6.1/6.5
  • Miracle Linux Standard Edition Version 1.1
  • Solaris 8

カテゴリートップへ

ピックアップ