このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ジャストシステム、マルチトラックサウンド編集ソフトを発売

2001年10月11日 19時06分更新

文● 編集部

(株)ジャストシステムは11日、オリジナル音楽や動画のサウンド編集が行なえるマルチトラックサウンド編集ソフト『DigiOnSound2(デジオンサウンド2)』と、初心者向けの機能限定版『DigiOnSound Express(エクスプレス)』を11月22日に発売すると発表した。価格は、DigiOnSound2が4万2000円(アカデミック版は1万8000円)で、DigiOnSound Expressが9800円。対応OSは、Windows 98/Me/NT Workstation 4.0(SP4以上)/2000 Professional/XP。開発元は(株)デジオン。

『DigiOnSound2』(パッケージ)『DigiOnSound2』
『DigiOnSound2』の画面
『DigiOnSound2』の画面

『DigiOnSound2』は、パソコンに読み込んだ音楽や効果音などを、画面上に波形で表示し、複数のサウンドトラックの重ね合わせやエフェクトにより、音を編集できるソフト。 標準エフェクトのほかに、外部のプラグインエフェクトが使用でき、エフェクトを連結できるエフェクトチェイン機能も搭載する。サウンドトラック数は無制限とし、DVDオーディオレベルの録音機能や、音響解析にも利用できる周波数分析機能などを搭載する。ビデオのサウンド編集では、動画を見ながらBGMやナレーションなどの挿入も行なえる。さらに、カセットテープなどのアナログ媒体から録音した音楽の無音部分を自動検出し、曲間で分割する機能を搭載しており、オリジナルアルバム制作やアナログサウンドのデジタル化にも利用できる。対応ファイル形式は、DigiOnSound、WAVE、MP3、AIFF、AU、RAW、音楽CD(読込のみ)、RealMedia(保存のみ)、Windows Media Audio(保存のみ)、MPEG Audio Layer-2、AVI、DV AVI(Type1/2)、AVI2.0、QuickTime。量子化ビット数は8、16、24、32。サンプリング周波数は2~192kHz。

『DigiOnSound Express』(パッケージ)『DigiOnSound Express』
『DigiOnSound Express』の画面
『DigiOnSound Express』の画面

『DigiOnSound Express』は、DigiOnSound2の機能限定版。サウンドトラック数は6トラック。対応ファイル形式はDigiOnSound、WAVE、MP3、AIFF、AU、RAW、音楽CD(読込のみ)、AVI、DV AVI(Type2)。量子化ビット数は8、16。サンプリング周波数は2~192kHz。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン