このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

EC研究会、“第5回 日本オンラインショッピング大賞”を発表――大賞は“Nissen On-line”

2001年10月10日 22時06分更新

文● 編集部 田口敏之

電子商取引の発展と振興を目的に、研究活動を行なう非営利団体のEC研究会は10日、“第5回 日本オンラインショッピング大賞(OLS大賞)”の授賞式を開催した。

OLS大賞は、インターネット上で有形/無形のオンラインショッピングのコンテンツを、一般消費者向けに有料/無料で提供する企業/団体に参加を募り、“簡単さ”、“便利さ”、“有益さ”など、生活者の目線とエンドユーザーの視点から、“ベストワン”のECウェブサイト選定するという企画。1997年に始まり、2001年で5回目を数えた。主催はEC研究会、共催としてユナイテッドストラテジー(株)が、後援としてマイクロソフト(株)、(株)フロントライン・ドット・ジェーピー、シンキ(株)らが参加している。2000年の第4回OLS大賞では、(有)パッションのレーザープリンター用・再生トナーの専門販売サイト“エコトナー宅配便”が大賞に選ばれた。

応募総数は、自薦・他薦を含めて2921件と過去最高で、昨年の2123件を約800件上回った。この2921件のサイトのうち、84サイトが第1次予選を通過し、さらに第2次予選を通過した40サイトの中から、今回は奨励賞3サイトを含めた7サイトが受賞した。

今回のOLS大賞は、(株)ニッセンの、衣料品や家具などのダイレクト通販サイト“Nissen On-line”が受賞した。大規模店部門賞は、世界中のサッカーチームのユニフォームが購入できるという、(有)フェアプレイのスポーツグッズ販売サイト“スポーツウェブショッパーズ”。中規模店部門賞は(有)プチ・メリーのファッションランジェリー販売サイト“プチ・メリー”。小規模店部門賞は(株)マルホのオンライン駄菓子販売サイト“キャラメル横町”がそれぞれ受賞した(※1)。

OLS大賞に輝いたニッセンのダイレクト通販サイト“Nissen On-line”トップページ
OLS大賞に輝いたニッセンのダイレクト通販サイト“Nissen On-line”トップページ
※1 大規模店部門賞は平均月商が1000万円以上のサイトから、中規模店部門賞は平均月商が1000万円未満で100万円以上のサイトから、小規模店部門賞は平均月商が100万円未満のサイトから、それぞれ選ばれている。

また奨励賞として、野崎浩文・智子夫妻が運営する、オリジナル絵本の販売サイト“オリジナル絵本 アンディネット”、(有)オーダーボックス・ドットコムの、オリジナル段ボールの販売サイト“オーダーボックス・ドットコム”、(株)イマジンの、販促品の製造・販売サイト“販促大王”の3サイトが受賞した。

ニッセン通販事業部インターネット事業推進部の高芝康二氏
ニッセンの、通販事業部インターネット事業推進部の高芝康二氏

大賞を受賞したニッセンの、通販事業部インターネット事業推進部の高芝康二氏は、受賞に際して「ニッセンには現在、インターネットの会員が約53万人、カタログの登録会員が約1500万人いる。もともと顧客ありきで始めたので、インターネットへの移行はしやすく、それが成功にもつながったと考えている。4月から、iモードなどの携帯電話への対応も始めたが、現在インターネット通販を利用するお客様の、約4割が携帯電話からによるもので、携帯電話を使って物を買う人がこんなにいるのかと、少々驚いている。今年度の売り上げは、85億円ぐらいはいけるだろう」と、“Nissen On-line”の現状について語った。

またECサイトとしての心がけについて「我々はコンテンツを作るにあたって、お客様の視点で常に考えている。また、インターネットのコールセンターを独自に設け、朝の9時から夜中の2時まで、質問には3時間以内に返答することをモットーにやっている。通販サイトはほかにもあるが、お客様の視点から見れば、分からないことにすぐ答えてくれるところが、選ばれる要因の一つではないかと思う」と述べた後、最後に今後の目標として「お客様に感動体験を与えたい。“使いやすい”“便利”“簡単”なのは当たり前として、お客様が使って良かったな、すごいなと思えるようなビジネスを、来年度からはやっていきたい。そしてできれば、第6回の大賞も頂きたいと考えている」と語った。

(左から)ニッセンの高芝康二氏、プチ・メリー代表取締役の宮地喜良氏、“販促大王”のイマジン代表取締役の竹内正博氏、オーダーボックス・ドットコム代表取締役の四方祥樹氏、アンディネット運営責任者の野崎浩文氏
(左から)ニッセンの高芝康二氏、プチ・メリー代表取締役の宮地喜良氏、“販促大王”のイマジン代表取締役の竹内正博氏、オーダーボックス・ドットコム代表取締役の四方祥樹氏、アンディネット運営責任者の野崎浩文氏

授賞式には、プチ・メリー代表取締役の宮地喜良氏、アンディネット運営責任者の野崎浩文氏、オーダーボックス・ドットコム代表取締役の四方祥樹氏、“販促大王”のイマジン代表取締役の竹内正博氏が出席した。“スポーツウェブショッパーズ”のフェアプレイと、“キャラメル横町”のマルホの代表者は、都合により欠席した。

ECサイトの売り上げの変化

またEC研究会は、第4回と第5回のOLS大賞に応募があったサイトの売上高のデータを比較して分析を行なっている。それによると、第5回の第1次選考通過サイト(84サイト中の76サイトのデータを使用)の平均月商は約1735万円であり、第4回の第1次選考通過サイト(73サイト中の60サイトのデータを使用)の約540万円と比較して、約3倍に増えているという。また、月商1000万円以上のサイトで、売り上げの増加が顕著に見られるという。詳細なデータは以下の通り。

第4回・第5回OLS大賞1次通過サイト売上高の比較表
第5回OLS大賞データ
(有効サイト76)
第4回OLS大賞データ
(有効サイト60)
平均月商
1000万以上
14サイト(18.4%)平均 約8503万円 7サイト(11.6%)平均 約3214万円
平均月商
100万以上
37サイト(48.7%)平均 約309万円 28サイト(46.6%)平均 約321万円
平均月商
100万未満
25サイト(32.9%)平均 約55.2万円 25サイト(41.6%)平均 約35万円
全体 76サイト 平均 約1600万円 60サイト 平均 約540万円
平均単価 1万9355円 3万3608円

これを受けてEC研究会では「オンラインショップの世界にも、儲かっているところと、そうでないところとの二極分化が進んでいる。いわゆる“勝ち組”と“負け組”がはっきりしてきた。また、商品の平均単価が、第4回の約3万円から、約2万円になっていることから、全般的に購入単価が落ちていることが推測される」と見解を述べた。

EC研究会代表の土屋憲太郎氏
EC研究会代表の土屋憲太郎氏

EC研究会では、これらのデータベースをもとに無料・有料の相談コーナーなどを設け、オンラインショップ運営のさらなる向上をサポートしていく予定であるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART