このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、企業向けの電子メールウイルスチェックサービスを開始

2001年10月09日 18時44分更新

文● 編集部

ソニー(株)は9日、法人向けのブロードバンドサービス“bit-drive”で提供している接続サービスの付加サービスとして、ゲートウェイで電子メールのウイルス検知と駆除を行なう“ウィルスチェックゲートウェイサービス”を発表した。同日付けでサービスの申し込みの受け付けを開始する。料金は、設定手数料が5000円で、月額利用料が10メールアドレスで2000円。

“ウィルスチェックゲートウェイサービス”では、電子メールのウイルスチェックをbit-driveデータセンター内のゲートウェイで検知・駆除するほか、ウイルス定義ファイルの更新などの作業や管理を行なう。ユーザーが自社内に設置しているメールサーバーのウイルス対策も行なうという。申し込みはホームページで受け付け、申し込みから10日程度でサービスを提供できるとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART