このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

「StarSuite」と「HancomOffice」徹底比較

2001年10月12日 01時54分更新

文● 阿蘇直樹

この記事では、10月2日に公開されたばかりの「StarSuite 6.0 ベータ版」と、先月発売された「HancomOffice 1.5J」(「HancomKDE」および「VJE-Delta」は使用せず、9月20日公開のパッチ適用済み)のそれぞれのツールを、Officeファイルのサポート状況や日本語環境、利用できる機能などについて比較する。テストに使用したのは、HancomOfficeも正式に対応しているRed Hat Linux 7.1をインストールしたPC(Pentium II-200MHz、メモリ128MB)。体感的な印象では、HancomOfficeのほうが軽快に動作していた。まずは両製品のワープロツール「StarSuite Writer」と「HancomWord」から見てゆくことにする。

ワープロツール

「StarSuite Writer」、「HancomWord」ともに、Wordファイルの読み込みをサポートしているが、下の写真のように「HancomWord」ではWordの書式情報が一部失われてしまうようだ。Wordファイルのサポートについては、現時点では「StarSuite Writer」のほうに軍配が上がるだろう。

「StarSuite Writer」でWordファイルを開いたところ。特に問題は見られない。
「HancomWord」でWordファイルを開いたところ。すべて左寄せになってしまった。

また「StarSuite Writer」では、「HancomWord」ファイルを読み込むこともできる。「HancomWord」に付属しているサンプルファイル「sample.hwp」を読み込ませたところ、句読点が表示できなかったり、複雑な書式情報を完全には読みとれなかった。

「StarSuite Writer」で「HancomWord」ファイルを開いたところ。

日本語入力については、以前ご紹介したとおり「HancomWord」は、ATOKでの日本語入力の問題があり、完全なものとはいい難い。一方「StarSuite Writer」は、編集部で日本語入力を試したが、特に問題なく入力が可能だった。

機能を見てみると、「HancomWord」は簡単な計算ができる機能や描画機能、辞書ソフト、プレゼンテーション機能など、単純なワープロソフト以上の機能を持っており、メニュー項目なども豊富。対して「StarSuite Writer」は、「StarSuite」の各ツールとの連携により、「StarSuite Calc」の表計算やグラフを「StarSuite Writer」の文書中にカット & ペーストしたり、そうしてできた文書を利用して「StarSuite Impress」でプレゼンテーションを作成するといったことが可能になっている。

また、「HancomWord」では、文書を保存するときに、文字コードをシフトJIS、EUC、Unicodeなどから選択することが可能になっているが、「StarOffice Writer」にはそのような機能はなく、UTF-8に対応していないエディタで改めて文書を編集する際には注意が必要だ。

表計算ツール

まずExcelファイルのサポートだが、「HancomSheet」は、Excelグラフを読み込ませることができないほかは特に問題なく読み込むことができる。「StarOffice Calc」の場合は、NOW関数が正確に読み込めなかったり、下の写真のように、カタカナの一部が読み込めないといった問題があった。

「StarSuite Calc」にExcelファイルを読み込ませてみた。カタカナの一部が読み込めていない。
「HancomSheet」で同じファイルを見たところ。特に問題はない。

また、不正な計算を行なった場合(たとえば0で除算をした場合など)に表示されるエラーメッセージが、「HancomSheet」では、セルに「#計算!」と日本語で表示されるのに対し、「StarSuite Calc」では、セルに「エラー :503」といったエラーコードが出力され、画面右隅に「無効な浮動小数点演算です」といったメッセージ内容が表示されるようになっているといった違いもあった。

「StarSuite Calc」のエラーメッセージ。右下にエラーコードの内容が示される。
こちらは「HancomSheet」のもの。

日本語入力は、「StarSuite Calc」はセルに直接日本語で入力することが可能だが、「HancomSheet」では、入力エリアへの入力となるといった違いはあるが、両製品とも特に問題はなかった。

また、「StarSuite Calc」ではマクロが利用できる一方、「HancomSheet」にはマクロはまだ装備されていない。次期バージョンの「HancomOffice」ではマクロを装備するとのことなので、期待したい。

前へ 1 2 次へ

ピックアップ