このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

レッドハット、「Red Hat Database」のOEM供給による国内リリースを開始

2001年10月04日 19時03分更新

文● 編集部

レッドハット(株)は、10月より、『Red Hat Database』のOEM供給を開始すると発表した。また同時に、ISVを対象としたサポートサービスについても発表した。

サポートサービスは、ISVが所有するUNIXプラットフォームや、既存のRDBMSをベースとしたパッケージソフトウェアを対象に、プログラミングやアドミニストレーショントレーニング、Red Hatプラットフォームへのマイグレーション、動作検証やプロモーションなどについて行なわれる。

『Red Hat Database』は、6月に米国で発表された「PostgreSQL 7.1」ベースのオープンソースRDBMS。同社では、先日発表した『Red Hat Linux 7.2』と、Red Hatシステムのバグ修正やセキュリティアップデートなどの更新情報を配信する『Red Hat Network』とあわせて、
「“OS、ネットワーク、データベース”という一貫したオープンソースソリューションをさらに強化、拡張していきたい」(代表取締役 平野正信氏)としている。

なおRed Hat Databaseは、米国ではパッケージ販売が行なわれているが、国内ではOEM供給のみとなる。また国内提供品のベースには、最新の「Red Hat Linux 7.2」が採用されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ