このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ファイルメーカー、『FileMaker Pro 5.5』向けのサーバーソフト『FileMaker Server 5.5』を発表

2001年10月01日 22時30分更新

文● 編集部

ファイルメーカー(株)は1日、同社のデータベースソフト『FileMaker Pro 5.5』向けのサーバーソフト『FileMaker Server 5.5』を10月下旬に発売すると発表した。価格は12万9000円。Windows版、Mac版、Red Hat Linux版の3パッケージを提供する。

『FileMaker Server 5.5』
『FileMaker Server 5.5』Windows版、Mac版、Red Hat Linux版の3パッケージ

FileMaker Server 5.5は、FileMaker Pro 5.5用のリレーショナルデータベースサーバーソフトであり、Pro 5.5をインストールしたクライアントは、最大250人までServer 5.5に同時接続できる(Apple Talkをプロトコルとして使用している場合は、最大124人)。また、最大2GBのファイルを、125ファイルまで同時に開くことが可能。

Server 5.5はマルチプラットフォームを謳っており、TVP/IPプロトコルによるネットワークであれば、WindowsとMac OS、Linuxの混在する環境でも使用できる。さらに、Server 5.5のプラグインアップデート用フォルダーに最新のプラグインなどを置いておけば、クライアントがアクセスした時点で、自動的にプラグインがクライアント環境にインストールされる。

FileMaker Server 5.5 Windows版
FileMaker Server 5.5 Windows版

また、Microsoft Active DirectoryやNetscape DirectoryといったLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)対応のディレクトリーサービスに登録し、部門単位のネットワークに配置されたServer 5.5を、ディレクトリーサービスを利用して集中して管理することが可能だという。

FileMaker Server 5.5の対応OSは、Windows NT 4.0(SP4以降)/2000およびMac OS 8.6以降/Mac OS X(1パッケージでOS 8.6以降対応版とOS X版の2種類提供する)、Red Hat Linux 6.2/7.0。対応するネットワークプロトコルはTCP/IPのほか、Windows版でIPX/SPX、Mac OS 8.6以降対応版でApple Talkとなっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン