このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

任天堂、『ニンテンドー ゲームキューブ』発表会を開催

2001年08月23日 21時04分更新

文● 編集部 桑本美鈴

任天堂(株)は23日、9月14日に発売する家庭用TVゲーム機『ニンテンドー ゲームキューブ(NINTENDO GAMECUBE)』(以下GC)の発表会“the Nintendo difference”を東京ビッグサイトで開催した。

GCとコントローラー9月14日に発売となるTVゲーム機『ニンテンドー ゲームキューブ』本体(写真上)とコントローラー(写真下)。ゲーム機本体は斬新な立方体デザイン。価格は2万5000円

GCの価格は2万5000円。国内初回出荷数は50万台で、年内には計140万台を出荷し、国内外を合わせて2002年3月末までに400万台を出荷する見込み。なお、9月14日に発売されるGCは本体カラーがバイオレットだが、11月にはオレンジとブラックのGCも発売されるという。

パッケージ
GC本体パッケージ(写真左)と、GC用ソフトのパッケージ(写真右)。ソフトは本体と当時発売の『ルイージマンション』(左)と『ウェーブレース ブルーストーム』(右)
新色GC
9月14日発売のGC“バイオレットカラー”モデルと、11月発売の“ブラック”モデル、“オレンジ”モデル。右端のコントローラーは11月発売の“バイオレット&クリア”モデルで、表側はバイオレット、裏側はトランスルーセントとなっている
コントローラー裏側
“バイオレット&クリア”コントローラーの裏側

GCは任天堂が新しい遊びのスタイルを創出するべく開発したTVゲーム機。ゲーム機のスペック数値をただ高めるのではなく、ゲーム開発に必要な機能のみを組み込み、不必要な要素を省くことで、高性能でバランスのよいゲーム機を実現したという。また既存ゲーム機『NINTENDO64』用のソフト開発が困難であったことを反省し、GCの開発環境は、ソフト開発を行なう上での問題点を除いて設計したとしている。

さらに注目すべきなのは、既存の携帯型ゲーム機『ゲームボーイアドバンス』(以下、GBA)をGCに接続できること。専用ケーブル『ニンテンドー ゲームキューブ GBAケーブル』(12月発売/1400円)を利用してGBAをGCに接続することで、GBAを液晶画面付きパーソナルコントローラーとして利用できる。

GBAケーブル
GCとGBAを接続できる『ニンテンドー ゲームキューブ GBAケーブル』

例えば、複数人で麻雀ゲームを行なう場合、TV画面には捨て牌などの場が表示され、自分の手牌はそれぞれのGBA画面で確認できるという。また、GBA本体を傾けるとその傾き具合によって画面上の主人公が転がる“動きセンサー”を内蔵したカートリッジをGBAに装着し、GCに接続すると、GBA本体を傾けることでゲーム画面の主人公をコントロールできる。

さらにコントローラーとして利用できるだけでなく、例えばGCのゲーム画面上で主人公がコース上の穴に落ちると、今度はGBAの画面に主人公が降ってきて別のコースでプレイできるといった連動も可能。

また、GCで育てたキャラクターをGBAに転送し、外出先でGBA上でキャラクターを成長させて、再びGCでプレイするといったことや、GBA上にキャラクターやアイテムを転送し友人宅のGCに接続して友人のゲーム世界と交流する、データを交換するなど、これまでにない新しい遊びが可能となる。

任天堂の浅田篤取締役副社長は、「現在ゲーム市場は、ハードは売れるがソフトは売れない状況が続いており、好調に推移しているとは言えない。市場規模は1兆円を超えるが、実はハードの売上が増えただけでソフトの売上は年々減少している。この状況を打開するためにGCを開発した」

「ゲームが複雑化し、気軽に楽しめるものではなくなってきている。新しい遊びが創出されないことに問題を感じる。驚きに慣れてしまったプレイヤーに対し、新しい遊び、驚きを提供するための性能を持ち合わせているのがGCだ」と語った。

浅田副社長
GCを手に語る任天堂浅田副社長「GCは世界最高のTVゲーム機」

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART