このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、CLIEのカラーエントリーモデル『PEG-N600C』を発売

2001年07月18日 15時37分更新

文● 編集部 桑本美鈴

ソニー(株)は18日、Palm OSを採用した携帯情報端末“CLIE”の新製品『PEG-N600C』を発表した。8月4日発売で、価格はオープンプライス、推定小売価格が4万5000円前後。

『PEG-N600C』は、モバイル初心者向けのカラーPDAのエントリーモデルとして位置付けられる製品。PEG-N700Cとの最大の違いは、OSが日本語版Palm OS ver.4.0であること。なお、PEG-N700Cの特長のひとつであった音楽再生機能は、PEG-N600Cには搭載されていない。

PEG-N600CラベンダーパープルカラーCLIEのエントリーモデル『PEG-N600C』。本体カラーは、“ラベンダーパープル”と“サテンシルバー”の2種類が用意される。写真は、ついに出た、VAIOカラー的な“ラベンダーパープル”モデル。VAIOと並べるとより美しく映える?

PEG-N600Cは、フロントライト搭載の反射型TFTカラー液晶パネルを装備し、320×320ドットのハイレゾリューション(高解像度)表示が可能なのはPEG-N700Cと同じだが、OSが4.0になったことでフルカラー対応(6万5536色)となっている。

また、ジョグダイヤル非対応のアプリケーションでもジョグダイヤルでプルダウンやスクロールを行なえるようにする“Jogアシスト”機能を搭載、BACKボタンを長押しするとJogアシスト機能に切り替わり、BACKボタンを1回押すと1つ前の画面に戻るようになっている。

さらに、メモリースティック内のアプリケーションをホーム画面から直接呼び出して起動できるほか、CLIE用ソフト『MS Import ver.1.0』と、パソコン用ソフト『MS Export ver.1.0』の両ソフトを利用して、パソコン上からクレードル上のPEG-N600Cに装着されているメモリースティックに直接ファイルをコピーできる“Import/Export”機能を搭載する。

『MS Gate ver.2.1』は、本体とメモリースティック間でのデータのコピー/移動、データ削除が可能、メモリースティック内のファイル名も表示できる。ハイレゾフォントに対応したほか、リストの順番を変更できるソート機能、アルファベット検索機能が追加された。

PEG-N600Cサテンシルバーこちらは既存のPEG-N700Cと同じ“サテンシルバー”モデル

PEG-N600Cは、音楽再生機能がない分、フルカラー対応になったこともありグラフィックス機能が強化されている。フォトビューワー『PictureGear Pocket ver.2.0』はハイレゾ/フルカラー対応でさらなる高画質を実現、画像のズーム/スクロール機能を搭載する。

TV番組ガイド取得ソフト『TV Scape ver.1.1』は、So-netのTV番組サイト“テレビ王国”と連携し、CLIE用に最適化された番組情報を入手できる。CLIEの番組予約はVAIOの『GigaPocket』と連動しており、予約した情報をHotSync経由でVAIOに送信すればまた、番組予約が完了する。さらに、動画再生ソフト『gMovie ver.1.3』を利用して、録画したTV番組をCLIEでフルカラー再生することも可能。

そのほか、『Intellisync Lite』を標準搭載し、Microsoft Outlookとのシンクロが行なえる。PIM機能もオリジナル拡張され、予定表で色文字表示が可能となった。

本体仕様は、CPUにDragonball VZ-33MHzを採用し、本体メモリーは8MB(DRAM、ユーザー使用可能領域は7MB)。Flashメモリーが8MB。インターフェースはUSB、赤外線(IrDA1.2準拠)。電源はリチウムイオンポリマー充電池で、連続駆動時間は通常使用で約15日間。本体サイズは幅71×奥行き16.8×高さ118.5mm、重量は160g。

USB対応クレードルや、リモコン付きヘッドホン、ACアダプター、ソフトカバーなどが付属する。パソコンの対応OSはWindows 98/Me/2000。なお、周辺アクセサリーは、PEG-N700Cと同じ物が利用できる。

また、CLIE用56kbpsアナログモデム『PEGA-MD700』も8月4日に同時発売する。モジュラージャック経由でネットワーク接続できるため、海外旅行時など携帯電話アダプターが使えない場合でも、電子メールやインターネットを利用可能。USBケーブルを同梱し、パソコンとのHotSyncも行なえるほか、CLIE本体の充電も可能。本体サイズは幅62×奥行き32×高さ135mm、重量が75g。電源は単3電池および付属のACアダプター。価格はオープンプラスで、推定小売価格が1万3000円。

CLIE用モデム
CLIE用モデム『PEGA-MD700』

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART