このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アキバで“美少女ゲームフェスティバル”が開催

2001年07月13日 20時22分更新

文● 編集部 桑本美鈴

東京/秋葉原のラジオ会館で、美少女ゲームイベント“秋葉原美少女ゲームフェスティバル”が開催された。主催は(株)ヴューズ。

同イベントは、秋葉原地区において、新作ゲームタイトルの発売本数のうち、約50%弱が給料日以降の月末に集中する傾向が強いため、月末週以外の秋葉原地区販売市場を活性化させるための手段のひとつとして企画/実施されたもの。

イベント会場1
先日「梅雨明けしてたかも」とか発表された関東地方は、ここ数日大変良い天気です。暑いです。もちろんアキバも大変暑いです。そのアキバの中でも本日、いちばん暑かった、もとい熱かったと思われるのが、この“秋葉原美少女ゲームフェスティバル”の会場です。14時開始にも関わらず朝から並んでいたファンもいらっしゃったとか。平日午後だというのに来場者は後を絶ちません。学生ぽい人はともかく、どう見ても学生ではない見た目の人は、どういう素性のかたなのでしょうか。

今回の参加ゲームブランドは、Guillty、ruf、rouge、トラヴュランス、Aeris、HOOK、RUNE、LIBIDO、BeF(順不同)。各社とも新作ゲームタイトルや関連グッズを展示/販売した。タイトルを購入したユーザーには抽選でレアグッズが当たるなどさまざまな販促サービスが行なわれ、平日昼間にも関わらず熱心なファンが多数来場した。

平日である金曜日に開催したのは、新作タイトルの発売日に合わせたため。開催時間は14時~19時30分で、会社員なども立ち寄れるようやや遅めの終了時間となっている。ヴューズはこの美少女ゲームフェスティバルを定期的に開催する予定で、次回は8月17日という。

Willブース
Guilty、ruf、rougeなどのゲームブランドを持つWillのブースでは、ゲームタイトル関連グッズを販売。写真はrougeブランドの『うつくしひめ ~魔法調教物語』と、rufブランドの『奴隷市場』のテレホンカード
Willテレカ
こちらはrufブランドの『独占』と、『贖罪の教室 BADEND』のテレホンカード
Aerisブース
Aerisブースは、9月14日に発売延期となった『ANGEL TYPE』のポスターなどを無償配布していた
BeFブース
BeFブース。テレホンカード購入者に、8月10日発売の新作タイトル『ALONE AGAIN』のポスター(写真左)がプレゼントされた
CD-BROS&DO
CD BROS.とD.O.のブース。トラヴュランスブランドの新作タイトル『とってもフェロモン』や『2枚で看護しちゃうぞ』などを紹介。またD.O.は、過去の作品をリメイク(シナリオはそのままで原画/キャラクターデザインを一新)し新パッケージで発売する“D.O.Classics”のVol.1として、サイコホラーアドベンチャーゲーム『雑音領域』を8月31日に発売する。対応OSはWindows 98/Me/2000で、価格は8800円
CD-BROS&DOテレカ
また、同ブースでは、D.O.ブランドの『プラスチックハネムーン』、AngelSmileブランドの『プライベートナース』、ZyXブランドの『Cain 失われた足跡』のテレホンカードを販売していた
LIBIDOブース
LIBIDOのブース。本日発売の新作タイトル『Petit teens』を秋葉原のいずれかの店舗で購入し、そのレシートをブースで見せると、各種オリジナルグッズが当たる抽選会を行なっていた
RUNEブース
RUNEのブース。19日発売の新作タイトル『にゃんてシャトン』のデモディスクを無償配布していた
武田氏サイン会
HOOKのブースでは、発売中のゲームタイトル『雨あがりの猫たちへ』の原画担当/武田弘光氏のサイン会が開かれた。イラスト入り色紙またはポスターに武田氏がサインし、ファンに手渡していた
武田氏と色紙&ポスター
雨猫の原画担当である武田氏。写真の色紙またはポスターにサインしてファンにプレゼント。なお、ポスターは数に限りがあったため、武田氏とファンがジャンケンし、ファンが勝ったらポスターに、武田氏が勝ったらポスターの代わりにパンフレットに武田氏がサインして手渡された
イベント会場2
写真には男性しか写っていませんが、男性しかいませんでした。メーカー担当者以外の男性率100%。当日会場にいらした人で、挙動不審な女が約1名いたのをご記憶でしたら、私の可能性大です。ちなみに、私がとあるメーカーブースに立ち寄ると、来場者の皆さんはそのブースからすーっと去っていかれてしまうので(私がヨドバシで美少女ゲームを物色しているときも同様の現象が起きるのですが)、「もしかして私、メーカーの方々の仕事の邪魔をしている?!」状態でございました。この場を借りて皆様にお詫び申し上げます。

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン