このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

Iwill製Apollo Pro266搭載Dualマザー「DVD266-R」のデモが始まる!

2001年03月30日 23時00分更新

文● 小板

 まだ市場に登場していないVIAのApollo Pro266を搭載したDualマザーだが、秋葉原のTSUKUMO eX.が同チップを搭載したIwill製「DVD266-R」のデモ展示を開始している。 



 同マザーに搭載されているチップの構成はNorthBridge“VT8633”とSouthBridge“VT8233”で、シングルCPU対応の時と変更はない。基本構成はAGP×1、PCI×5、ACR×1となっており、PC1600/PC2100に対応したDDR SDRAM用スロットを4本もっている。ちなみにACRはAdvanced Communication Riserの略で、スロット形状はちょうどPCIを逆にしたような形。オーディオ・モデムなど専用の対応カード用新スロットだ。このほかの仕様としてはC-MediaのCMI8738やAMIのRAIDコントローラ80649を搭載する。



 ショップでデモされていたマシンは、CPU:PentiumIII-1GHz×2、メモリ:DDR SDRAM(PC2100)64MB×2、VIDEO:ELZA GloriaIIIといった具合。面白いのは、同社製のケースTSUKUMO ALL888/300を使い、その5インチベイに昨年紹介したロジテックの5インチベイ内蔵型4inchTFT液晶モニタ「LCM-T041A」を取り付けて、ベンチマークを実演している点だ。マザーよりもこの液晶モニタの方に興味を持っている人が結構いた。

 ちなみに、同マザーの入荷は4月中旬となっている。 アイウィルジャパンでは、現在デモされているものはサンプルバージョンである、と話している。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ