このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

アダプテックジャパン、『Easy CD Creator』のWindows Media Player 7上での不具合が解消されたと発表

2000年08月28日 20時19分更新

文● 編集部

アダプテックジャパン(株)は28日、Windows 2000環境下で『Windows Media Player 7』をインストールした際にCD-ROMドライブ等に起こるハードウェア認識の不具合が、Windows Media Player 7の更新版がマイクロソフト社よりリリースされたことで解消されたと発表した。なお、『Easy CD Creator 4 Deluxe』のWindows 2000 サポートについては、バージョン 4.02以降が対象となる。4.01以前については同社のウェブサイトにアップデータが用意されている。

なお、これまでに報告されていた不具合は以下の通り。

  • Windows 2000 上でEasy CD Creator 4.x とDirect CD 3.x のインストールされたパソコンに、Windows Media Player 7 をインストールするとCD-ROMドライブ(CD-R含む)が認識されなくなる場合がある
  • Windows 2000 上でEasy CD Creator 4.02以前のバージョンをインストールした状態でWindows Media Player 7 をインストールした場合に、再起動するとブルースクリーンが表示される
  • Easy CD Creator 4.01とDirect CD 3.01以前がインストールされたパソコンに、Windows Media Player 7 をインストールすると、Easy CD Creator 4.02 とDirect CD 3.01 へのアップグレードができなくなる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン