このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ノベル、Z.E.N.works 1.1およびNDS for Solaris 2.0を発表

1999年02月24日 00時00分更新

文● 報道局 佐々木千之

  ノベル(株)は、デスクトップ管理アプリケーション『Z.E.N.works 1.1』と、サン・マイクロシステムズ(株)のSolarisに対応したディレクトリーアプリケーション『NDS for Solaris 2.0』を発表した。

発表会でZ.E.N.works 1.1のデモを行なった、ノベルマーケティング本部の船橋肇氏。「Z.E.N.worksをNDSのキラーアプリケーションにしたい」という発表会でZ.E.N.works 1.1のデモを行なった、ノベルマーケティング本部の船橋肇氏。「Z.E.N.worksをNDSのキラーアプリケーションにしたい」という



 Z.E.N.works 1.1は、NDS(Novell Directory Services)を利用して、ネットワークに接続されたクライアントパソコンの管理を自動化し、エンドユーザーのデスクトップ環境の集中管理を可能にする。エンドユーザーごとにデスクトップを用意し、どのクライアントからアクセスしても同じデスクトップ環境が得られるようにするほか、アプリケーションのインストールを管理して、エンドユーザーにセットアッププログラムを意識させることなく自動インストールすることなどが可能になる。動作環境はNetWare 4.11以降が動作するサーバーで、クライアントOSは、Windows 3.1/95/98/NT 3.51/NT 4.0。価格はオープンプライスで、3月1日から販売される。

 NDS for Solaris 2.0は、サン・マイクロシステムズ社の『Solaris 2.6』に対応するNDSアプリケーション。Solaris、NetWare、Windows NTなどの異なるシステムがネットワーク上に混在する環境で、NDS for Solarisを通じてシステムに依存しない単一の共通ユーザーアカウントを提供/管理できる。また、SolarisシステムのセキュリティーをNDSのセキュリティーに統合することも可能。動作環境はSun SPARCstation 2以上(RAM 64MB以上)。ただし管理コンソール用としてNetWare 5クライアントが動作するWindows 95/98/NTパソコンが必要。価格はオープンプライスで、3月12日発売予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン