このページの本文へ

メルコ、WindowsとMacintoshに対応したUSB接続CD-Rドライブほかを発売

2000年01月18日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは、USB接続のCD-Rドライブ『CDR-P46USB』、外付け型CD-RWドライブ『CDRW-S4432』、内蔵型CD-RWドライブ『CDRW-I4432FB』、Power Mac G4用の増設メモリー『AG4シリーズ』、iBook用の増設メモリー『IM-D256M』の5製品を、“BUFFALO”ブランドで発売すると発表した。

CDR-P46USBは、書き込み4倍速/読み込み6倍速のCD-Rドライブ。インターフェースはUSBで、Windows 98およびMacintoshに対応する。データ転送速度は読み込み時で毎秒900KB、書き込み時で600KB。ライティングソフトは、(株)アプリックスの『WinCDR 5.0』と『MacCDR 4.1』が付属する。本体サイズは幅151×奥行き183×高さ29mm、重量は560g。2月上旬発売で、価格は4万3500円。

コンパクトなデザインのポータブルCD-Rドライブ『CDR-P46USB』。本体カラーはメタリックシルバー
コンパクトなデザインのポータブルCD-Rドライブ『CDR-P46USB』。本体カラーはメタリックシルバー



CDRW-S4432は、CD-R書き込み4倍速/CD-RW書き込み4倍速/読み込み32倍速の外付けCD-RWドライブ。インターフェースはSCSI-2で、Windows 95/98/NT4.0に対応。本体サイズは幅164×奥行き295×高さ63mm、重量は1.6kg。ライティングソフトは、『WinCDR 5.0』と米CeQuadrat社のパケットライティングソフト『PacketCD』が付属する。2月上旬発売で、価格は3万9500円。

CDRW-I4432FBは、CD-R書き込み4倍速/CD-RW書き込み4倍速/読み込み32倍速の内蔵型CD-RWドライブ。インターフェースはATAPIで、Windows 95/98/NT4.0対応。本体サイズは幅145.6×奥行き193×高さ41mm、重量は1kg。ライティングソフトは、『WinCDR 5.0』と米CeQuadrat社のパケットライティングソフト『PacketCD』が付属する。2月上旬発売で、価格は3万4500円。

AG4シリーズは、アップルコンピュータ(株)の『Power Mac G4』および『iMac』用増設メモリー(SDRAM)。容量が64MBの『AG4-64M』が1万9500円、128MBの『AG4-128M』が3万7000円、256MBの『AG4-256M』が9万9800円、512MBの『AG4-512M』が25万8000円。4製品とも1月下旬発売。

IM-D256Mは、アップルコンピュータの『iBook』用増設メモリー(SDRAM)。容量は256MB。1月下旬発売で、価格は1万5800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン