このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

松下、モバイル Pentium III-400MHz搭載の“Let'snote M1”シリーズ新製品を発売

1999年10月26日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

松下電器産業(株)は、“Let'snote M1(レッツノート エムワン)”シリーズの新製品として、コンシューマー向けのB5サイズノートPC『Let'snote CF-M1R』を11月26日に発売する。

天面にアルミニウム合金、底面にマグネシウム合金を採用した『CF-M1R』
天面にアルミニウム合金、底面にマグネシウム合金を採用した『CF-M1R』



同製品は、従来機種『CF-M1V』をマイナーアップグレードしたモデルで、CPUにモバイル Pentium III-400MHzを採用している。64MBのメモリー(SDRAM)と8.1GBのHDD(Ultra ATA対応)を搭載し、LANインターフェース(100BASE-TX/10BASE-T)と56kbpsモデムを内蔵。11.3インチTFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット/約1600万色)を装備するほか、着脱式の24倍速CD-ROMドライブを搭載している。

本体サイズは、幅270×奥行き215×高さ29mm、重量は約1.6kg(CD-ROMドライブ装着時)。ソフトは、ユーザーの性別と年齢を入力すると、おすすめホームページを紹介する『ウェブナビゲーター』、インターネット接続設定を自動化した『インターネットスターター』などが付属する。OSはWindows 98 Second Edition。

価格はオープンプライス。推定小売価格は33万円前後。

CF-M1Rの主なスペックは以下の通り。



CPU


モバイル Pentium III-400MHz


チップセット


Intel 440BX AGPチップセット


メモリー


64MB SDRAM(最大192MB)


HDD


8.1GB(Ultra ATA)


グラフィック


NeoMagic NM2200


ディスプレー


11.3型TFTカラー液晶(1024×768ドット/約1600万色)


サウンド


PCM音源、モノラルスピーカー内蔵、モノラルマイク内蔵


PCカードスロット


TypeII×1(CardBus対応)


FDD


外付け3.5型


CD-ROMドライブ


最大24倍速(着脱式)


ポインティングデバイス


スマートポインターIII


インターフェース


拡張バスコネクター、LAN端子、赤外線通信ポート(IrDA V1.1準拠)、USBコネクター、モジュラージャック


LAN


100BASE-TX/10BASE-T(本体内蔵)


内蔵モデム


データ:56kbps(V.90/K56flex対応)、FAX:14.4kbps


バッテリー駆動時間


標準バッテリーパック:約1.5時間、標準+拡張バッテリーパック:約6.6時間、拡張バッテリーパック+大容量バッテリーパック:約10.6時間


本体サイズ


幅270×奥行き215×高さ29mm


重量


約1.6kg(CD-ROMドライブ装着時)


OS


Windows 98 Second Edition

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン