このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日立、科学技術計算用サーバー『SR8000 モデルF1』を発売

1999年09月20日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

(株)日立製作所は、科学技術計算用サーバー『SR8000 モデルF1』を発売した。出荷開始は2000年2月を予定している。SR8000 モデルF1の、1ノードあたりの理論演算性能は、現行機種である『SR8000』の1.5倍となる12GFLOPS(ギガフロップス)。最大理論演算性能は6.1TFLOPS(テラフロップス)で、これは'99年9月16日現在の、世界最高速演算処理性能になるという。OSは、同社の『HI-UX/MPP for SR8000』を採用。販売価格は個別見積もり。レンタルは月額900万円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン