このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Happy Hacking Keyboard Professional JPレビュー

日本語環境さらに快適に──HHKB新モデルを使う

2009年03月02日 14時00分更新

文● yoshi-u/ネットワークマガジン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「極上の使いごこちと日本語配列の使いやすさが融合。」を謳う、Happy Hacking Keyboardの日本語配列バージョン。従来のProfessional2のクオリティをそのままに、日本語環境での使いやすさを追求した高級キーボードだ。

Happy Hacking Keyboard Professional JP


いつかは欲しい高級キーボード


 本誌の読者の多くは、一日中PCの前に座ってキーボードを叩いているのではないだろうか。担当も同様で、ほぼ一日中キーボードを叩いている。

写真1 Professional JPの白。最下段左から2つめのHHの文字をあしらったキーは、全角/半角キー。Fnを押すことで、ファンクションキーなどの機能が利用できる
【写真1】Professional JPの白。最下段左から2つめのHHの文字をあしらったキーは、全角/半角キー。Fnを押すことで、ファンクションキーなどの機能が利用できる

 これだけ長い時間キーボードを使っていると、使いやすく疲れないキーボードを求めたくなるというものだ。当然、こだわりの一品がほしくなる。こうしたニーズに応えるのが、PFUのHappy Hacking Keyboard(HHKB)シリーズだ。

 HHKBシリーズの最初のモデルとなるHappy Hacking Keyboardは、1995年に東京大学名誉教授で、現IIJ研究所所長の和田英一氏とPFU研究所の共同研究によって開発された。

 その設計思想は、当初からフルサイズと同じ19.05mmのキーピッチを保ちながら、不要なキーを省き、超コンパクトで高品質、使いやすいキーボードを作るというものであった。HHKBはその後さまざまな改良が加えられ、いくつかのバリエーションが登場した。もちろん、その思想は現行機種であるProfessional2とLite2はもちろん、ニューモデルとなるProfessional JPにも引き継がれている。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART