このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

type Pのもっさり解決はXP化? Vista高速化?

2009年03月04日 12時30分更新

文● 吉田陽一/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軽いPCには軽いOSがよく似合う!

VAIO type P Windows XPを導入したVAIO type P(右)とWindows Vistaが動作しているtype P(左)。Windows XP化はもっさり解消の究極の解決策なのか……?

 話題のVAIO type P(以下type P)。弊社社内でもかなり人気のあるPCで、すでに筆者の周囲でのオーナーは5名となっている。しかし、購入者に話を聞くとやはり動作速度に関しては不満がある人が多い。

 すでにASCII.jpでもT教授がもっさりに不満をもって、Vista高速化にチャレンジしている。しかし、軽くて枯れているOSと言えばネットブック・UMPC御用達のWindows XP。type PのOSをWindows XPに入れ替えることは可能なのだろうか。

 3月3日現在、残念なことにWindows XPへのダウングレードディスクの販売といった購入者向けサービスは実施されていない。また、VAIOカスタマーリンクサポートの対象外のプログラムやドライバが提供されている「アンオフィシャルアップデートプラグラム」のページでも、残念ながらtype Pの完全なWindows XP化に利用できるドライバ・プログラムは提供されていない。

 現状ではメーカー公式のドライバによるWindows XP環境というものは構築できないのだ。

「アンオフィシャルアップデートプラグラム」のページ 「アンオフィシャルアップデートプラグラム」のページ

 しかし、世の中にはツワモノがいるもので、type PにWindows XPを導入し、使っているユーザーもいるようだ。筆者の知人でも、Windows XP化して使っているユーザーが偶然いた。そのある意味勇者なユーザーにどうやってWindows XP化したのか、そしてメリット、デメリットについて聞いてみた。

 本稿で取り上げたWindows XPの導入やVista高速化作業は、前提としてOSに関する知識が必要となる。
 また、作業を行なう前にかならずバックアップにより重要なファイルやシステム全体を保存し、万が一の場合に復旧できるようにしておくことを強くお勧めする。
 さらにこれらの作業を行なった結果について、編集部やまとめサイト運営者は責任をとることはできない。
 これらについてもご了解をお願いしたい。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART