このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

R35から始める「ストリートファイターIV」

2009年02月10日 19時00分更新

文● 飯塚岳史/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 すでにアーケード向けとしてはリリースされている対戦格闘ゲーム「ストリートファイターIV」。10年ぶりのストリートファイターシリーズということで、待ち望んでいた人も多いと思う。そんなスト4が2月12日にPS3とXbox 360向けに発売される。

いよいよ2月12日、PS3とXbox 360で「ストリートファイターIV」がプレイできる!

 「ストII」を青春時代にプレイしていた、現在30代半ばのいわゆる「R35」世代にも入っていけるよう調整したと言われる本作。はるか昔ストIIをプレイしていた人も、ここでもう一度「ストリートファイター」にハマってみませんか? 今回はそんな昔プレイしていた人向けに、ストIVでの「新要素」と、ストリートファイターシリーズの「おさらい」についてお伝えする。なお、本記事ではXbox 360版を使用して画面撮影を行なっているが、PS3版も基本的に同一の内容となる。

スト4になって何が変わったのか?

主な登場キャラクターがストII準拠に

 まずは登場するキャラクターが「ストII」準拠になったことが大きい。前作「ストリートファイターIII」では、それまでのシリーズのキャラクターから大きく変更され、従来キャラは「リュウ」「ケン」の2人のみ(「2nd Impact」で豪鬼、「3rd Strike」にて春麗が追加)だったが、ストIVではストリートファイターII'(ダッシュ)に登場する12キャラに、お馴染みの豪鬼、IVからの新キャラを加えた6キャラの計19キャラで構成されている。

リュウやケン、ザンギエフなどお馴染みのキャラクターに加えて、ストIVからの新キャラクターが6人参戦!

 PS3、Xbox 360版ではさらに「さくら」「ローズ」「ダン」など、ストリートファイターZEROシリーズに登場したキャラクターが追加され、全25キャラクターが使えるようになっている。

憧れのリュウに似た必殺技を使う女子高生「さくら」。初登場はストZERO2気を通したマフラーを使って飛び道具の吸収や反射ができる「ローズ」。初登場はストZERO

ブロッキングを廃止し、セービングアタックを追加

 本作では、ストIIIの代名詞とも言われていた、相手の攻撃を受け流して無効化する「ブロッキング」を廃止し、同様のコンセプトながらより気軽に出すことができる「セービングアタック」を追加している。

 ブロッキングは、相手の攻撃タイミングに合わせてレバーを前ないしは下に入力することで、攻撃を受け流して反撃できるという、より深い駆け引きが行なえるシステムだったが、熟練にかなりの労力が必要なのと、読み合いが複雑化するため、格闘ゲームとしての敷居が非常に高くなっていた。

 しかし、今回追加されたセービングアタックは、中P+中Kという2つのボタンの同時押しで簡単に出せ、上段、中段攻撃を1発だけ耐えて反撃することができる。また、ボタンを押している時間によって「膝崩れダウン」「ガード不能」などの性能を持たせることができる。
 また、セービング中に耐えた攻撃は、一時的に減った体力とみなされ、時間とともに回復する。しかし、この間に攻撃をくらってしまうと一時回復分も全てなくなってしまう。

セービングアタック中は1発だけ攻撃を耐えることができる。体が白く光るエフェクトが加わるほか、筆で描いたようなエフェクトが出るので分かりやすいセービングアタックはボタンを押し続けた時間により3段階に攻撃が変化。2段階目以降は当てると膝から崩れ落ちるダウンとなる。その際に追撃を加えることが可能だ
3段階目までためるとガード不能でダウンを奪うことができる。大ダメージのチャンス!

 なお、セービングは前後方ダッシュを行なうことでキャンセル(中断)することができる。このセービングキャンセルを組み込んだコンボなども存在するが、とりあえずは「セービング単体にダッシュを組み込める」、という概念だけ覚えておこう。

スーパーコンボとウルトラコンボ

 本作における超必殺技と呼べるものは、「スーパーコンボ」と「ウルトラコンボ」の2種類に分けられている。スーパーコンボは画面下にあるコンボゲージを全て使用して使う必殺技のことで、概念としては従来シリーズと変わらない。

それぞれの陣営の画面下にある青いゲージが「スーパーコンボゲージ」。赤く「ULTRA」と書かれているのが「リベンジゲージ」。ウルトラコンボが撃てない時は緑色になっている
スーパーコンボゲージを使って放つリュウのスーパーコンボ「真空波動拳」

 もう一方のウルトラコンボは、本作で新たに搭載された「リベンジゲージ」を利用する。リベンジゲージは相手の攻撃をくらうことでたまるゲージで、ラウンドが終わるとゲージはリセットされてしまう。このリベンジゲージが半分以上たまると「ULTRA」の表示がされ、特定のコマンド+ボタン3つ押しで発動させることができる。

派手なカットインと共に放たれるリュウのウルトラコンボ「滅・波動拳」

 ゲージ全てを使ってしまうスーパーコンボと、1ラウンドごとにゲージを貯め直す必要があるが、気軽に使えるウルトラコンボ。発動時の無敵時間(攻撃をくらわない時間)もウルトラコンボの方が大きいため、スーパーコンボを使う場面はないのではないかと思われるが、スーパーコンボは必殺技をキャンセルして(必殺技のモーション途中で)出して、大ダメージに繋がる連続技として使うことができるという利点がある。
 とはいえ、スーパーコンボゲージは必殺技の強化版「EX必殺技」や、必殺技をキャンセルしてセービングを行なう「EXセービング」としても利用されるため、ゲージを全て使ってしまうスーパーコンボは使い道が難しいかもしれない。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社