このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

お気軽シンクライアント近況報告

イーモバ&LuiはNetbookより快適か?

2009年02月26日 09時00分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ついに待望のPCリモーターサーバボードになったLui。外から自慢の高性能デスクトップをたっぷり使えちゃうわけです

PCリモーターサーバボードセット登場で既存のPCでも利用可能に

 NECの「Lui」は、ネットワーク経由でPCの操作やコンテンツの閲覧などを実現する、シンクライアント/サーバー型ソリューションだ。要するに「自宅のデスクトップパソコンを外出先からモバイルマシンでリモート操作する」というシステムである。

 だが、従来はPCリモーターサーバボードを搭載したデスクトップパソコンと、シンクライアント側のPCリモーターをあわせて購入する必要があった。すでにメインマシンを持っているユーザーからすれば「も、もう1台買わなきゃいけないの?」というためらいがあったのである。

PCIスロット対応のPCリモーターサーバボード。ボードは2階建てになっているが、スロットは1スロットしか占有しない

 それが今回ついに「Lui PCリモーターサーバボード+PCリモーター」のセットが発売されたことで「メインマシンをそのまま外からリモート操作する」という、夢のような環境が実現できるようになった。

 さらに、従来は公衆無線LAN(ホットスポット)のみだった通信機能がイー・モバイルの通信エリア(下り最大7.2Mbps)に対応しているのも大きなポイントだ。(詳しくは後述) セットのラインナップは下記のとおり。

Lui PCリモーターサーバボード+PCリモーターのラインナップ
型番 RN700/2CS RP500/2CS RN700/2CL RP500/2CL
プロファイル PCI(フルハイト) PCI(ロープロファイル、NEC製PC専用)
PCリモーター ノートタイプ ポケットタイプ ノートタイプ ポケットタイプ
イー・モバイル対応 - -
実売価格 11万円前後 7万5000円前後 11万5000円前後 8万円前後

 モバイルマシンのPCリモーターは従来と同様の2種類。4.1インチワイドサイズのポケットタイプ「Lui RP」と、10.6インチワイドサイズのノートタイプ「Lui RN」だ。PCリモーターサーバボードは、通常サイズのPCIスロット用とLowProfile PCIスロット専用(2スロット占有)の2種類が用意されている。

ノートタイプのPCリモーター「Lui RN」。重量は約649gと非常に軽いキーピッチ17mm、キーストローク2.5mmの使いやすいキーボードを搭載している

 そこでさっそく、ノートタイプのLui RNとPCI(フルハイト)用PCリモーターサーバボードのセット「RN700/2CS」の実力をテストしてみることにした。サーバPCとしてはBTOパソコンの老舗・サードウェーブの「Prime Monarch LX」(Windows Vista Ultimate搭載モデル)を使用している。

使用したサーバPCのスペック
製品名 Prime Monarch LX
CPU Core 2 Duo E8500(3.16GHz)
メモリー DDR2-800 2GB(1GB×2)
グラフィックス NVIDIA GeForce 9600GT(512MB)
HDD 500GB(毎分7200回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
OS Windows Vista Ultimate SP1
上記構成価格 9万3554円

 なお、今回からLui独自の「リモートスクリーン」によるリモート操作だけでなく、マイクロソフトの「リモートデスクトップ」にも対応しているが、リモートデスクトップを利用するには上記マシンのように対応OS(Windows XP Professional、Windows Vista Business、Windows Vista Ultimate)が必要になる。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART