このページの本文へ

もうパケ死しない? 新「パケ・ホーダイ ダブル」は得か?

2009年01月27日 20時00分更新

文● 西川仁朗/ トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、本日パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」の改定を発表した。これまで定額対象外となっていたパソコン接続時のパケット通信も定額サービスの対象となる。適用は2009年4月1日からだ。

 これまで「パケ・ホーダイ ダブル」は、「iモード利用時」は上限4410円、「iモードフルブラウザ利用時」は上限5985円の2段階の定額で利用できた。今回新たに改定され、ケータイをパソコンに接続してパケット通信を使っても、月額上限は1万3650円で利用できるようになった(iモードやiモードブラウザをまったく使わなくても、月額980円はかかる。詳細は文末のリリースを参照)。すでに数多く登場しているFOMAハイスピード対応ケータイなら、下り最大7.2Mbpsの高速データ通信が使い放題になるぞ。

このように料金の天井が決まった。これでケータイをパソコンに接続しても、パケ死を気にせず安心して使えるぞ

 さて、ここで注目したいのは、「L-02A」などのデータ通信端末で「定額データプラン HIGH-SPEED」を使っていたユーザーにとって、どちらかがお得かということだ。「定額データプラン HIGH-SPEED」とは月額利用料金が上限1万500円で、FOMAハイスピードを利用できるサービス。しかも、このプランには、「2年間の契約」といった条件が加わるものの、最大3780円値引きをしてくれる「定額データ割 HIGH-SPEED」といったものがある。つまり、上限6720円でFOMAハイスピードが使い放題なのだ。

「定額データプラン HIGH-SPEED」と「定額データ割 HIGH-SPEED」の両方を解説したイメージ。このサービスは基本的にはデータ通信カードのみで適用される

 単純にデータ通信サービス料金の比較だけなら、「パケ・ホーダイ ダブル」より「定額データプラン HIGH-SPEED」のほうが安くなるが、後者は音声端末は利用できないため、他にケータイが必要だ。パソコンだけでなくiモードのコンテンツも多く利用するユーザーは、「パケ・ホーダイ ダブル」を検討する価値があるだろう。特に、ケータイとデータ通信カードを両方持ち歩かなくてもデータ通信が使えるというのは、嬉しいユーザーも多いのではないだろうか。

 もっとも、「パケ・ホーダイ ダブル」は国際ローミング中のパケット通信や、デュアルネットワークサービス利用時のmovaのパケット通信には適用されないので、気をつけてほしい。

 なお、3月31日をもって、パケット割引サービス「パケットパック60」「パケットパック90」は終了する。


カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART