このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

インテル Core 2 Duo搭載でマシンパワーも◎

DESKPOWER F/C70Nで地デジ環境導入だ!

2009年01月27日 16時00分更新

文● 細谷滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FMV-DESKPOWER F/C70N」
これ1台でデジタルテレビ、レコーダー、パソコンとして使える「FMV-DESKPOWER F/C70N」

 地デジ完全移行まで早いものであと2年半、読者の皆さんはすでに地デジ受信環境を整えているだろうか。恥ずかしながら筆者は「もう少し待ってたらもっと安くていい製品が出てくるだろう」と未だに地デジは「待ち」に回っている状態である。

 まだまだ待ちかな、と思っていたのだが、今回地デジパソコンでは初めて「これは欲しいかも」と強烈に思う製品に出会ってしまった。それがこれから紹介する、富士通の「FMV-DESKPOWER F/C70N」である。


テレパソとは異なる趣の筐体デザイン

ボタンはすべてタッチセンサー式。HDDやDVD-ROMのアクセスランプが点滅するようになっているが、オフにすることもできる
本体前面のボタンはすべてタッチセンサー式。HDDやDVD-ROMのアクセスランプが点滅するようになっているが、オフにすることもできる

 F/C70Nを一言で説明するなら、地デジチューナー内蔵の液晶一体型パソコンだ。機能で言うなら、地デジハイビジョンテレビ+DVDレコーダー+Windowsパソコンといったところ。

 搭載ディスプレーは19型ワイドで、解像度は1440×900ドット。白を基調とした筐体デザインは、大画面でがっちりとしたいわゆる「テレパソ」とは異なる趣だ。カラーは白のみだが、富士通の直販サイト「WEB MART」では、取り替え可能なスピーカーパネルを追加で購入可能だ(スノーホワイト、ホワイト&ブルー、ピンク)。

台座の高さを変更するにはドライバーが必要
台座の高さを変更するにはドライバーが必要。背面カバーを外した所にあるネジを外さなければならない

 DVDスーパーマルチドライブのイジェクトボタンなどがタッチセンサーになっているなど、デザイン的にかなり作り込まれている。台座が回転するようになっている上に、画面を傾けたり上下の高さを変えることも可能で、見た目がかっこいいだけでなく、使い勝手も考慮されている。

 注文時にIEEE 802.11b/g/nの無線LANを内蔵するかを選択できるので、アンテナケーブルの都合で本体をEthernetのポートから離れた場所に設置してもネットワークにつなげられる(ただしデータ放送のインタラクティブ機能を利用するにはEthernetが必須)。

アンテナは本体背面の下にある
アンテナの入力は本体背面の下方にあり、カバーを外せば簡単にアクセスできる。IEEE 1394端子も搭載する

 本体を設置し、電源ケーブルとアンテナケーブルをつなぐだけでハードの設定は完了。地デジは視聴地域の設定などをすればすぐに見られるようになる。

本体両側面
本体両側面。右側面にスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブが、左側面にはB-CASカードスロットやUSB、メモリーカードスロットなどがある

前へ 1 2 3 4 次へ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通