このページの本文へ

iPhoneで連写してTwitterに投稿「連写カメラBullCam」

2009年01月13日 20時38分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユビキタスエンターテインメントは13日、iPhone向けのカメラアプリ「連写カメラBullCam」の販売をApp Storeにて開始した(iTunes Storeで見る)。価格は115円。

BullCam BullCam

 3〜16コマのシーンを撮影し、1つの写真として合成してくれるアプリ。連写枚数を「N」レバー、連写間隔を「T」レバーで設定して撮影ボタンを押せばいい。画像のレイアウトは、縦か横の短冊状並べるほか、3×3などタイル状に置くことも可能だ。撮影した写真はiPhoneの写真フォルダーに保存するほか、Twitterのアカウントを設定しておけば、インターネットに投稿し、その画像のURLをTwitterのコメントとして貼ることもできる。

BullCam 連射した画像を縦の短冊状に並べることもできる
BullCam こちらはタイル状の撮影サンプル


サンプル動画




カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中